おすすめコラム

成長記録の大切さ

出来ることに目を向けて

今何ができているのかを正確に把握する事はとても大切です。お仕事をもっておられたり、日々の家事に追われてついなおざりになってしまいがちですが、いつどんな経過で、何がおこったか、何が獲得できたか、それはどのような取組があったからか、どのような原因が考えられるのかを記録される事は大変重要で、療育の大きなヒントになります。

 

運動能力はどうなのか、食べたり、飲み込んだりいつできたか、スキップはできるのか、線上歩行はできるのか、ボールをどのように投げるのか、椅子に座る姿勢はどうか、どれくらいの間静かにできるのか、スプーンやフォーク、箸の使い方はどうなのか、どのような使い方をしているのか、靴は自分ではけるのか、靴下は、着替えはできるのか、後片付けはできるか、出来る事が大切なのですが、どうしても出来ない事に目がいきます。

 

毎週沢山の方とお子様の状態についてのお話をお伺いするのですが、出来ない事は列挙されるのですが、出来る事をお伺いするのには大変な時間がかかります。逆にご家庭で出来る事が当たり前になっていて、それを発展させようとするまで思いがめぐらされてなく、勿体ない状態のまま、見過ごされているようなケースが非常に多いのが残念です。

 

まず出来る事に目を向けましょう。

なぜ出来ることに目を向けるべきなのか

どうやって出来るようになったかしっかりと把握する事が大切です。出来ない事を出来るようにするのは、出来る事をさらに伸ばすより、時間と手間がかかります。(事例にもよりますが)出来る事を伸ばし続けると、他の要素を刺激し多方面から伸ばす事も可能です。

 

一般的なお話で、算数が出来るようになったので、ほかの教科も引っ張られて成績が上向くという話は多々あります。出来る事の獲得もこれに良く似ているのです。基本的な要素に大きな違いはありません。

 

出来る → 褒められる → やる気が出る → 他の課題に取り組む → また出来る → 褒められる → さらに自信がつく

 

好転スパイラルです。

 

イケイケの心理状態となり、本来であれば、出来ないと思うような事でも出来るようにもなってきます。これは基本的に誰でも一緒です。私達大人だって、駄目だしをくらい続ければ、好きな事でも嫌になります。

 

出来れば、出来るほど自信がつくので、出来ないものでも、出来るだろうという気持ちになります。

 

何かあったら、ここでちょっと魔法をかけると、出来るようになったりします。

成功体験を生かすために

まずは記録を取って下さい。

その時の環境も判りやすく記載される事をおすすめします。

次男を妊娠していて〇ヶ月になっていたとか

祖父母の支援がどうあったか、

介護の必要がでて、忙しくなったとか

単身赴任でいなかった

長期出張で家族が離れ離れになった

パートを始めた

仕事の時間が変わった

園の担当の先生がかわった

園での取り組みに変化があった

 

その時、その時の成長の様子と、子ども達を取り巻く環境の変化に、関係性が見いだせる事例は少なくありません。出来る事が出来なくなる事もありますので、ある一定の変化が起こると〇〇出来なくなると予想をたてる事もできます。

 

逆に、このような取り組みの仕方をすると、〇〇する事が獲得出来た。という事も把握できます。記録は出来ない記録をつけるためではなく、出来るようになった能力の獲得を知る指針をしてご家庭での療育に大いに活用できます。

 

成功体験を忘れない事、成功した方法を堅持すること、成功した手法を発展させる事により、新たな能力を獲得する事が可能です。しっかりと記録とり、お子様の観察を行ってください。

 

観察記録をお持ちになって、頂けると、療育相談にお出でになっても、とてもスムーズにお話しも進められると思います。