COMPASS発達支援センターについて

COMPASS(コンパス)発達支援センターは、現在、福岡県北九州市(本部)、福岡県新吉富町、大分県中津市、香川県高松市、香川県丸亀市、香川県三豊市、岡山県岡山市、熊本県熊本市で運営を行っております。

 

 四半世紀を超える活動の中で、沢山の子どもたちの教育支援を行って参りましたが、その中には、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症、アスペルガー症候群、ダウン症の児童も数多くおり、そうした療育支援活動をとおして、研究と実践を重ねて参りました。

 

COMPASS発達支援センターでは、主として未就学の発達障害・ダウン症のお子様を対象とし、就学前のもっとも大切な時期に適切な療育を行うことにより、一人でも多くのお子様の可能性を具現化することを目的としております。また一部の施設では、放課後デイサービス授業として、就学児の療育支援も行っております。

 

療育費用の9割を国が負担する障害児通所給付費制度対象施設としての認可を受けており、より多くの方々にとって利用しやすい施設として地域の皆様のお役に立ちたいと願っております。