COMPASS 30年のあゆみ

1986

旧中島児童館を借り、ボランティアにて百数十名の子供に無料で教育支援を開始

1987

三萩野教室開校

幼児教育について研究を始める

三萩野教室拡大移転

日本習字書道教室開校開設

毎日文化センター内で、青林会受験テスト会開始

1988

デザイン部門創設

オリジナル教材開発着手

1989

幼児受験テスト会開始 第1回母親勉強会開始

カワイ体操教室と受験体操面接講座開設(九州初)

1990

親子面接講座開講

1991

幼児用学力診断ソフト開発着手

本部教室開校

三萩野幼児専用教室 拡大移転

塾部門法人化 (有)創秀館設立(資本金300万円)

1992

Y.M.C.A.に幼児向けカリキュラムを依頼、本部にて英会話教室開設

1993

若松教室開校

1994

到津実践教室 研究校開設

船井総合研究所により顧問指導開始

吉備システムと幼児用データベースソフト開発

到津実践教室 拡大移転

発砲メーカー各社に知育玩具の製作依頼

黒崎そごう教場開設

1995

究理教育審査会発足

パスカルクラブ 小学生用教材開発開始

幼児教育部門法人化 (株)三葉幼児育成研究所(資本金2,000万円)

1996

専修 池坊花選よりフラシュカード製作許可

旧西鉄 到津動物園より写真提供、フラッシュカード制作

大規模教場を東京以西にFC校として開校開始

安田海上にて新しい幼児教室保険の開発

日経、リクルート等のFCショーに出展開始(東京のみ)

1997

大阪 学校法人森友学園、南港桜幼稚園及び塚本幼稚園へ導入

同時に究教審 パスカルクラブを両園にて開設、阪書版制作開始

1998

船井総合研究所、講師として大阪本社、東京本社にて講演会開催

東京支社開設

1999

JOBAと業務提携

大和ハウス、丸紅、三菱商事と中華人民共和国内の(北京)東苑公寓有限公司 

(天津)九河国際村施設内にて、みつば幼稚園2園(邦人幼稚園)を開設

国内公立小学校50校での学校教材販売開始

図書教材協会加盟(教材のみつば)

2000

中国を中心として海外日本人学校、補習校への教材販売開始

2001

印刷部門強化、OEMによるテキスト作成業務開始

JSA Chainaにおける日本語スピーチコンテスト協賛

2002

GIGAVISONとDSIテレコムジャパン等と海外におけるe-learning配信に関して業務提携

日中韓ビジネス協議会日方代表として出席発表(橋本元首相同席)

2003

四国にてKids'LAB10教室及び、究教審パスカルクラブ同時開設(b-flat) 

With通信事業開始 WILL塾専用教材販売事業開始

2004

中学、高校への学校教材販売開始 

幼稚園、保育園への教材販売開始 

敬愛小学校、校舎、体育館(アリーナ)での公開テスト会スタート(業界初)

明治学園小学校鶴野校長先生をお迎えしての特別講演会開催(業界初)

2005

Kids'LAB全13教室吸収合併(12月)

2007

中華人民共和国の日本人学校への輸送費用、税金手数料に関して人民元建支払いが可能となる。

幼稚園課外による受験指導講座のスタート(学校法人 徳力学園 山の手学院幼稚園)

2008

全世界の日本人学校、補習校300校に対しての、学校教材斡旋支援本格化

小倉カトリック幼稚園前に三萩野分室開設

2009

国立受験クラス Fuzokku開設 幼児受験での特待生、奨学生等の支援開始

国立無料テスト会開始

2010

日本人学校、補習校に対しての文部科学省学校整備事業へ本格化

2011

特別支援学校用教材開発に関して、経営革新に基づく福岡県の認定を頂く

2012

特別支援学校用指導教材ダウンロードシステム開発開始

2013

特別支援用学校教材ダウンロードシステム「えすぷり」試験運転開始

COMPASS発達支援センター開設