COMPASS丸亀Wish 素敵がいっぱいのクリスマス

Merry Christmas!!
木曜日のCOMPASSです。

Wishでもお友達が作っているクリスマスがテーマの作品がCOMPASSの壁面に華やかに色を添える季節となりました。
今回Wishのお友達が挑戦したのは「アイロンビーズ」と「プラ板」の2種類の制作です。

アイロンビーズとは熱を加えると溶けるパイプ状にカットされたビーズ。
ビーズを作りたい形のボードに並べ、アイロンをかけるとビーズ同士が熱融着してモチーフが完成します。
今回のテーマに沿い、大小様々なクリスマスモチーフの中から自分の作りたいもの、作れそうなものをお友達自ら選びました。

思い返せば今年の春は最後まで型の中に並べることができず完成に届かないお友達、お手本を無視して型通りではなく、好き勝手に入れていくだけしかできないお友達、自分の好きなキャラクターしか作りたくないと指示に従えないお友達もいました。
そのお友達が数点の選択肢の中から自分で選び、見本をもとに作品を作ることができるまでに成長を見せています。

プラバンの製作もクリスマス仕様のキャラクターやクリスマスモチーフの中から描きたいものを選びます。
プラ板もよく使われますが、元来の大きさを薄く伸ばしてシート状になっていて、熱を加えると元の形に戻る特性があります。
その特性を利用して、薄い状態の時に絵を描いたり、好きな形にカットしたりして、加熱して元の丈夫な厚みに戻ったときには小さめの作品になる工程が楽しい工作です。

プラ板工作にはクリスマスがテーマだったら好きなものを選んでいいという自分で選べるようにしてみました。
透明なプラ板を好きな絵の上に乗せ、なぞって描くか、フリーで好きなものを描書き込みます。

お友達の芸術性がとてもよく現れて、文字にサンタ帽をかぶせるなどの工夫も見られ、楽しい華やかな作品に仕上がっています。
額もお友達がそれぞれ好きな色を選択し、ボンドで貼り付け、穴にひもを通して完成です。

思っていた以上に上手に作れたので「持って帰りたい。」というお友達もいたのだとか。
先生は「クリスマスまで飾ってから、おうちに持って帰ろうね!」と伝えます。
一人ひとりの作品が壁一面に飾られて見ると、それぞれ自分の作品を指さしながら嬉しそう。

さて、こちらはお友達にプレゼントされるクリスマスカード。

お友達一人ひとりを想いながらデザインされ、カードの細やかな装飾から封筒まで全て手作りです。

お友達の喜ぶ顔を見たいという思いで、業務の合間に何と2ヶ月前から少しずつ準備されていたものなのだとか。

華やかな素敵な作品でいっぱいのWishの壁面。
お友達の成長の軌跡で彩られた壁面を見上げるとき、大変だったこの1年の色々な思い出が蘇り、何とも感慨深い思いです。

そして愛情いっぱいのクリスマスカードを受け取るとき、お友達の輝く笑顔もまたいっぱいに咲いて、きっと聖夜に彩を添えることでしょう。

COMPASS発達支援センター丸亀Wish
所在地:〒763-0091
    香川県丸亀市川西町北2034-2
連絡先:0877-35-8328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)