COMPASS丸亀NEXT 壁にタッチ、笑顔にタッチ!

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀NEXTにお友達が通い始めてから、もう3年と4ヶ月目になりました。
その頃のお友達はいつも何か緊張して、心も体もガチガチに強張らせているかのようでした。
何か言いたそうにしていますが、オドオドしてしまい、何も言えないでいます。
いつも一人きりでいるのを好み、一向に周りのお友達と打ち解ける様子が見られなかったそうです。

保護者様の願いも「集団行動が上手くできるようになってほしい。自分が思っていることを相手に上手く言葉で伝えられるようになってほしい。
苦手な音読・読み書きを頑張れたら・・・。」というものでした。

当時の個別支援計画は色々なことに興味を持ち、他者とのコミュニケーションがとれるようになることや、自分の思いを落ち着いて言葉で伝えられるようになることが目標とされました。

COMPASS丸亀NEXTはCOMPASSグループの中でも特に運動療育が得意な事業所です。
今回もお友達のために着座しての学習も取り入れますが、飛び石、平均台、壁タッチ、雑巾ウォーク、数字カード、くま歩き、ストレッチなど運動遊びを通して体と心を解放できるようにと先生も一緒に1つ1つ「できた!」の感動を経験していきます。

とはいえ、自信なさげな様子のお友達、集団行動では素直に指示通りに動くことが難しかったそうです。
簡単な質問であっても、会話に苦手意識があり、尋ねたことに返事が返ってきません。
想いを言葉に乗せて伝えられず、ぽつん、ぽつんと単語を口にするのがその時のお友達の精一杯だったようです。

数々の運動療育の課題でも、特にお友達は「壁タッチ」が苦手なようでした。
COMPASS丸亀NEXTの壁には、数字やマーク、イラストなどが壁に貼られています。

「壁タッチ」の流れはとてもシンプル。
先生がどれかの色や形を指示すると、それに応えてお友達が数々の絵柄から探し出して手の届く場所で静止、そしてタッチです。
お友達は知っているはずの名前の色や形が聞こえても、壁から目を離すと、それを探すのがちょっと苦手。
合っているかな?間違えてないかな?という自信のなさも手伝って、勢いよく「パン!!」とタッチできず、おずおずと指し示すという様子だったそうです。

お友達のCOMPASSが、皆と一緒にいることが楽しくて、暖かくて、嬉しいことがいっぱいのとても素敵な場所になるには、少し時間がかかりました。
少しずつできることが増え、何度も何度も繰り返して経験を積んでいくと、次第に機敏に動けるようになってきたお友達。

「できた」自信がお友達の行動を変化させ、周りのお友達との輪に入ることや集団活動も笑顔いっぱいに楽しく参加できるようになりました。
苦手だった「壁タッチ」は、先生が伝えると、サッと動き、勢いよく「パン!!」と音を響かせて自信たっぷりにタッチできるようになりました。

人に声をかけることもできず、どっちがいい?というような簡単な質問にもおずおずと答えるだけだったお友達。
今では周りのお友達にどんどん話しかけ、仲間の中で中心となって遊びを誘う姿まで見せるようになりました。
運動と同時進行で着座姿勢や課題への集中も学んだお友達は、短いものですが気持ちを文章に書くことができるようになってきました。

これからも感覚運動・身体運動は継続して、バランス感覚・集中力を養い、しっかりした体幹へと体の調整を図ります。
そして皆と一緒に過ごせるようになった成果をさらに成長へ導き、集団活動やさまざまな交流を通してルールやマナーを身につけ、誰とでもスムーズにコミュニケーションが取れるようにと少し高めのステップへと進んでいきます。

COMPASS発達支援センター丸亀NEXT
所在地:〒763-0082 香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)