COMPASS丸亀&NEXT 水を得た魚のように・・・

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀とNEXTを併用して通っているお友達の成長の様子が届きました。
お友達は4歳でした。
とても元気が良く、明るい性格、先生のモノマネも上手です。
最初の頃にも、こちらが伝える言葉かけは理解できていたようです。
でも、突然「あー」「わー」と、脈絡のない大きな声を出すことがありました。
声はしっかり出せるのですが、それは言葉ではありませんでした。

まず丸亀では、毎日50音の発声練習と、絵カードを使って発語を促す練習を行いました。
絵カードで「りんごどれ?」などの問いかけには、知っていることは適切なカードを手に取れることはありました。
限定範囲ですが、物の名前や名前の認識はできているものもありました。
時折、カードや指示を時々間違えたとき、それがストレスなのか大声をあげてパニックになることがありました。
できない、言いたいことが伝わらない苛立ちを言葉で表せないのは、とても苦しかったことでしょう。
先生たちは決して否定的な言葉は使わず、正しい方へ導けるような指導を繰り返しました。

一進一退の学習は数ヶ月続きました。
ある日、パンの絵カードを見て、初めてはっきりと「パン!」と言えたことが、先生たちには鮮明に感動の記憶として残っているそうです。
さらに数ヶ月経つと、50音を1語ずつ発音できたり、急に「ワン、ツー、スリー」と言えるようになりました。
機会を逃さず、コミュニケーションを多くとったり、より一層絵カードでものの名前を伝え、復唱を促しました。

やがて、お友達の中で「音」とものの名前を表す「ひらがな」の繋がりが結びついた頃・・・
お友達の学ぶ姿勢に積極的な変化が見られるようになりました。
お友達の名前のひらがなを教えてみると、すぐに理解し50音から探して指差しで教えてくれます。
読める文字が増えるにつれ、お友達は勉強が楽しくなって行きました。
自分で読もうとしたり、わからない時には指をさして教え、先生に何と読むのかを尋ねる様子も見られました。
水を得た魚のようにお友達の世界は急速な広がりを見せ、語彙の習得スピードが飛躍的に伸びて行きました。

同時進行で、NEXTでは運動療育により脳の前頭葉を刺激して活性化を促します。
クマ歩きやサーキットトレーニングなど、体全体を同時に操作する運動はとてもいい刺激を脳に与えます。
運動がうまくこなせるようになるにつれ、次第に着座姿勢も美しく変わり、長い時間座れるように変化を見せます。
集中、脳内での物事の整理ができるようになり、集中力が付いてきました。

現在では自発語も多くみられ、送迎中にも街の看板の文字を読んだり、先生を見つけると名前を呼んでくれます。
COMPASSも嫌がることなく、通うのが楽しみな場所になってきたようです。
今も語彙は増えていますが、さらに大きな変化を見せてくれるようになりました。
それは「楽しい!」や「ごめんなさい」といった大切な感情面の発語が見られるようになったことです。
これは、はるかに大きなステップアップ。
ニコニコ明るい笑顔の向こうに、どれだけの可能性が秘められているのか・・・
お友達の頑張りと、お家の方の愛情と、二人三脚でこれからも大きな飛躍への挑戦は続きます。

COMPASS発達支援センター丸亀
所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東2丁目75-1
連絡先:0877-85-3428

COMPASS発達支援センター丸亀NEXT
所在地:〒763-0082
              香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)