COMPASS小倉北 こどもの日とお友達のこいのぼり

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS小倉北でも可愛らしい「こいのぼり」の制作が行われました。

柔らかな色の素材に、今回はお友達の手のひらの形でウロコ模様をつけていくことに。
先生に絵の具で手のひらを緑や青、赤や黄色に塗ってもらいます。

筆の感触が・・・それはもう、くすぐったくて!
笑いをこらえきれないお友達、あちこちでたまらない笑い声が響きます。

赤や青に染まった手のひらを白い紙にぺったん!しっかり押します。
こちらでもぺったん!くっきりと手のひらが映るように。

手のひらの絵の具をしっかり洗い流して、こいのぼりのお話を聞きながら、しばらく乾くのを待ちます。
やがて綺麗に乾いた手のひらの形。

これを大きなこいのぼりに貼れるよう、一生懸命ハサミを使って・・・
綺麗に切り取ったものをバランスを見ながら貼り付けていきます。

すると、こんなに可愛くてかっこいい「僕たちのこいのぼり」が出来上がりました。
5月5日は「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として、男女の差別無くお祝いをする「こどもの日」となりました。

「こいのぼり」は、中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、 竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるように、健康に育ち、将来は大きく出世して欲しいとの気持を込めたもの。

そして子どもの誕生と健康を天の神様に伝え、守っていただく意味があるとも伝えられています。
お友達のこいのぼりも、どうか皆スクスクと成長してくれますように、そして笑顔を守っていけますようにと願いを込めて壁に飾られます。

その願いのまま、大きく、健やかに・・・と。

COMPASS発達支援センター小倉北
所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53おかたビル1F
連絡先:093-931-8438

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)