COMPASS枚方 未来への学びを

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方のお友達は、小さな歩幅ですが一歩一歩未来に向かって歩みを進めています。

お友達がCOMPASSに通い始めたのは昨年の10月。
保護者の方は発語がないお友達をとても心配されていました。
療育プランには、言葉を促すための様々な取り組みが盛り込まれました。
楽しくないと興味も持たないばかりか、COMPASSも嫌になってしまう可能性があります。

そこで、ミラーリングを用いて真似っこゲームで自然に先生の模倣を楽しめるように工夫します。
先生がやってみせる仕草をお友達が上手に真似できると、先生はお友達に「こちょこちょ」!
こちょこちょが面白くて、お友達はまた先生を真似てくれます。

先生のモノマネが楽しくて楽しくて・・・
やがてモノマネはカードを見せながら母音の真似に移行していきます。
上手に音が出せるとこちょこちょ遊びが待っています。
楽しく真似る、楽しく学ぶ、「学ぶ」は「真似ぶ」と言いますよね。

やがて、お友達の学習はカードを見せながら50音の発声へ
また、家族カードを見せて2音の音声模倣(パパ・ママ)も練習します。
最初はただの意味を成さないモノマネの音を出すことでしたが、やがてカードの意味と名前と音の一致が理解されて意味ある言葉として発することを学部に至りました。
お友達は繰り返し色々なものの名前を一つ一つ学習していきました。

水筒のお茶を目の前に出して「おちゃ」と先生が発声してみせ、即座にお茶を飲ませます。
「おちゃ」と伝えることで、お茶が貰えることをこうして学習します。
単に言葉の真似ではなく、お友達はお茶が欲しいときに「おちゃ」ということができるようになりました。
お茶をもらえてニッコリのお友達、その笑顔はまるで天使のようです。

お友達はどんどん色々な言葉を吸収し、言えるようになり、そして言葉で伝えることが僕にもできると理解しています。
言葉のかけらを手にしたお友達、会話のスタートラインに立つことができました。
やがて訪れるであろう楽しいおしゃべりのひと時を目指して、今日も学習は続きます。

COMPASS発達支援センター枚方
所在地:〒573-0007
大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)