COMPASS高松 小学生になって困らないように・・・

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松に通っている新1年生の男の子。
COMPASS暦は4年になります。

お友達は、自分のペースに拘り、好きな課題には過集中の傾向があるものの、気が乗らないと全く見向きもしてくれませんでした。
小学校に入学となれば着座して授業を受けること、周りとペースを合わせることも求められます。
その集団生活の中でいかに楽しく授業を受け、同級生や先生と関わっていくのかでお友達の学校生活が楽しくなるかどうかが決まってしまいます。
時間をかけて行われる学習はこれまでもご紹介したように、絵カードやあいうえおの表、歌や工作とメニューとしては同じ内容。
ただ、一人一人顔が違うように、習得のスピードも、感じ方の深さも、覚えられることも理解度も違います。
一人一人の時間の流れを理解し、同じ歩幅で歩いていく指導は繰り返されます。

保護者の方も楽しく会話ができるように、集団での学習姿勢もお友達が困らないようにと願っておられました。
確かに最初の頃は会話にも問題がありましたが、根気よく話しかけを行い、語彙を増やし、話すことの楽しさが理解できるように導きます。
繰り返すうちに遊びから学習への切り替えも、挨拶も、お返事も、お友達自ら進んで行う姿勢が見られるようになりました。

小学校入学を睨んだ学習を繰り返し、お友達の成長は徐々に現れてきました。
保護者の方が心配されていた進級時に椅子に座って授業が受けられるかという課題も、今は45分は集中して先生の話をきけています。

会話の受け答えも課題でしたが、先生の質問にも考えて答えられるようにまで進歩が見られます。
文字を書くことも、指先の感覚が敏感で鉛筆を上手に持つことが苦手でしたが、「左手は紙の上!」を合い言葉に、日々の積み重ねで、筆圧もしっかりしてきています。

お友達の成長は素晴らしいものがあります。
好きなことは空想したり1人遊びのようですが、お友達は、少人数であれば、自分から関わりを持とうと輪に入っていく姿も見受けられるまでになりました。
もっと笑顔に、もっと多くのお友達と楽しく・・・
その未来のイメージを描く先生に、お友達はニッコリと飛びっきりの笑みで答えてくれるのでした。


 

お知らせです!
COMPASS発達支援センター高松は、本日6月10日から移転します。
新しい事業所は新築の綺麗な建物で、お友達にはこれまで以上に快適に過ごして頂けると思います。
新しくなったCOMPASS高松をこれからもよろしくお願い致します。

COMPASS発達支援センター高松
所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 Ⅰ・Ⅱ号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)