COMPASS須崎 笑顔と会話で未来を拓くこと

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS須崎に通うこちらの男の子は中学1年生のお友達です。
今年の1月からCOMPASSの仲間になりました。

麻痺があるお友達。
お家で過ごしているとついついテレビやYouTubeばかりなのだそう。
もっと色々なお友達と関わり、色々な経験を通して成長してほしいという保護者様の願いを受け通い始めたお友達です。

COMPASSのスタートはいつもご挨拶から始まります。
お友達はあまり人と関わることに慣れていない様子なので、まずは言葉を通して、意思疎通、生活能力の向上を図ることをプランニンング。
そしてやがて集団の中で、他者とのコミュニケーションを円滑に行えることを目的に置きます。

普段の生活では車椅子を利用しているお友達ですが、COMPASSでは他のお友達と同じように椅子に座り、学習しています。
椅子での着座姿勢が崩れがちになるため、気づいたら声がけし、体の傾きをなおすように気をつけて活動を行なっているそうです。

手先のトレーニングでは、ファスナーの開け閉め、ブロックの積み上げなどで頑張っているお友達。
またホワイトボードを使用し、名前や字の練習、計算を解いたりしています。

時間と経験が味方です。
お友達もCOMPASSの活動や、たくさんのお友達と関わりながら工作も楽しんで行えるようになり、TPOにあった会話のやり方も、練習こそしましたがだんだんと板につくというのか自然に振る舞えるようになってきました。

何よりも毎日コツコツ行う学習や活動で成功体験を沢山沢山積み上げているお友達。
次第に、その表情は戸惑いや不安な表情から素敵な笑顔にと変化が見られます。

この笑顔を守り、明日に向かって出来ること、やればできる自信が確信に変わり、お友達の人生に大きな変化となっていくことを願いながら今日も療育と活動は続きます。

COMPASS発達支援センター須崎
所在地:〒785-0036
    高知県須崎市緑町9-27 須崎保岡ビル2F
連絡先:088-855-9338

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)