COMPASS発達支援センター岡山ふれんず

COMPASS発達支援センター岡山ふれんず

〒700-0921
岡山市北区東古松3丁目4番14号 地図アプリで開く

代表 086-222-0178
受け入れ年齢
未就学児
管理者画像
管理者 宮野先生
毎日お友達の笑顔に会えるのが、私にとって何より楽しみなこと。
その笑顔のための環境づくりも私の仕事です、。
安心して来所して頂けるよう常に心掛け、一人一人の体調や個性に合わせて学習のスケジュールや送迎の調整をさせて頂いております。
明るい未来へ向かっていくお友達の力と成長を信じ、スタッフ一同頑張っています。
管理者画像
児童発達管理責任者 山内先生
子どもたちひとりひとりの個性に適した方法で成長の歩みを全力でお手伝いできればと思 っています。
今日出来なかったことでも、次の日にまた頑張って、そしてまた次の日も・・・達成した時の喜びは素晴らしいものです。
お友達の頑張りに感動しない日はないほどで、それぞれが積み重ね、成長していく姿によく涙腺がゆるんでいます。
成長の力は、どのお友達にも必ずあります。
スタッフにできることは、本当に諦めないで見守ることだけです。
もし悩まれている保護者の方がおられましたら、ぜひご相談ください。

口コミ(ご利用者の声)

5才 Tさん

言える名詞がかなり増えました。

コンパスに通う前はひらがなは1文字も読めなかったが、4月から通い半年たった10月に16文字、11月には倍増して30文字も読めるようになりました。
身近な人「父、母、にぃに、ねぇね、じぃじ、ばぁば」動物は鳴き声くらいしか言えなかったが、言える名詞がかなり増えました。活舌もよくなりました。

ご利用施設: COMPASS発達支援センター岡山ふれんず

10才 Kさん

母親としてはうれしい悲鳴です。

通所するようになり、急速に文字への理解力が高まりました。それまでも平仮名は1文字ずつ読むことはできていたし、単語も3文字くらいまでは読めていましたが、文章を読むことは難しい状態でした。
しかし、通い始めてから半年ほどした頃から、短い文章は正しく読めるようになってきました。また、最近では漢字も読めるようになってきました。
運筆も以前より上手になってきています。発語については、バリエーションが広がり、時間の概念も少しずつ理解できているようです。
「昨日」「今日」「明日」の違いも少しずつ理解できているようです。知能検査では重度判定で、多動の症状も重度ですから、興奮する場面になるとまだまだ落ち着きがなく、対応に苦労することもあります。しかし、以前に比べると興奮する状態も改善してきたし、落ち着いたときは指示をきちんと理解して行動することができるようになってきました。
いろいろ理解が進んできたので、「今日のご飯は、おにぎりが食べたい」などの細かい要望も言えるようになりました。
今までにもいろいろ思いがあったけれど、それを言葉で表現して伝える力がなかったのだと思います。だからテーブルの食事をひっくり返したりして、問題行動をしていたのだと感じました。
子供の細かい要望に対応するのは大変ではありますが、母親としてはうれしい悲鳴です。できるだけ対応して、コミュニケーションを楽しむようにしています。さらに、子供がコンパスに通うのをとても楽しみにしております。
子供は正直ですから、「楽しい」と思えるところに行きたがります。
そんな子供の姿を見ると、コンパスにいる時間は、子供にとってとっても幸せな時間になっているのだと思いました。

ご利用施設: COMPASS発達支援センター岡山ふれんず