COMPASS枚方 紙いっぱいのプール遊びで大はしゃぎ

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方では、お友達と創作遊びを楽しみました。
今回の創作遊びは「紙ちぎり」とプール遊びを合体させたもの。

紙ちぎりは小さなお友達の成長にとって、実はとても有効な活動です。
大人は難なくこなせる「紙をちぎる」ことは、お友達にとってはいくつもの行程が入る複雑な作業。
紙を細かくちぎるためには、紙をしっかり手で掴むことが必要です。

同時に、左右の手を上下あるいは左右に別々に動かしますが、しっかり掴まないと破れず、また手首も使ってひねるという動作も入ります。

この一連の動作をうまくできて、ビリビリという音や、紙をちぎる感触を楽しむことができるというもの。
可動域を増やす効果もあるので、この後に続く鉛筆を握ったり、ボタンやスナップの付け外しにつながって行きます。

そんなことを知ってか知らずか・・・お友達はとても楽しそう。
あらかじめ用意されたシュレッダーの紙でいっぱいのプールの中で、好きなだけ紙をビリビリとちぎります。

紙でいっぱいのプールの中で、潜ったり、パラパラほうり上げたり、掛け合ったり・・・

こんなこと、おうちでやったら絶対叱られるに決まっています。
でも今日は、思いっきり紙のプールで大はしゃぎ。

涼しい室内でしたが、お友達は一生懸命楽しんだせいか、ほかほかの赤いほっぺに。
そこで先生がチューペットを用意してくれて、みんな並んで冷たいおやつを頂きました。

もちろん、お片づけも率先してお手伝い。
もうすぐ夏休みも終わりですが、とても楽しい思い出がまたひとつできたようです。
 
COMPASS発達支援センター枚方
所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428