COMPASS中津Sweet 初めての「流しそうめん」

火曜日のCOMPASSです。
夏の風物詩「流しそうめん」。
COMPASS中津では、お友達が体験したことがないという「流しそうめん」を企画しました。

実は、流しそうめん発祥の地は宮崎県の高千穂町。
昭和30年、暑い夏の野良仕事の人たち。
昼食にとそうめんを茹で、竹と、高千穂峡の冷水を利用して、冷やして食べたことから始まったそうです。
竹を縦半分に割ったものに、水とそうめんを一緒に流し、流水で冷えたそうめんをお箸でキャッチ!

「取れた」「しまったー」
「取られたあ!」「あ、つめたーい」
お友達と競争しながら食べるそうめんの、なんと楽しくて美味しいことでしょう。

ちなみに「そうめん流し」というのも九州が発祥です。
鹿児島県 指宿市の唐船峡清水は、1日10万トンも湧出する「平成の名水百選」。
昭和37年、その湧水を使ったドーナツ状(円環)の容器が考案されました。
そこに流したそうめんをすくって食べるというスタイルが観光にひと役買いました。

本当は、屋外にテントを張って行う予定でしたが、台風接近影響でこの日は強風。
安全を第一に考えて、急遽室内へと変更することに。

そこが例えどこであっても、お友達がいれば、最高の場所。
お家で頂くそうめんより、もっともっと美味しく感じたと言います。

暑かった今年の夏休み、お友達もずいぶん頑張って、ちゃんと成果も出ています。
夏の締めくくりに体験した、初めての「流しそうめん」。
お友達の心に残る思い出となってくれるでしょう。
 
COMPASS中津Sweet
所在地:〒871-0016
    大分県中津市牛神町1-22-11
連絡先:0979-22-3078