COMPASS川崎 ヒマワリの花言葉

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS川崎では、8月の2つ目の制作で「ヒマワリ」を選択しました。

今回は、市販の紙皿を使って、少し立体的で元気な花を作ります。
紙皿の外側の少し高さのあるフチの部分を花びらに見立てて、ハサミでギザギザに。
ハサミづかいは小さなお友達にとっては、とても難しいものです。

ハサミは、切る形をイメージしながら、親指と人差し指・中指を使って切るという行為。
その時、薬指と小指もその動きを支えていないと、イメージ通りの形には切れません。

右手と同様、左手も髪を抑えて、ハサミの方向を導くという作業が必要です。
左右の手と指がほとんどバラバラの動きを同時にするのですから、ハサミづかいは、脳を育てる刺激を与えるとされています。

ジョキジョキと紙を切る音は、お友達には楽しい音。
切ったフチに黄色を塗って、真ん中はタネに見立ててスタンプ。
茎と葉っぱを貼り付けて、元気なヒマワリができました!

少し前に朝顔でいっぱいだった壁が、今度は満開のヒマワリで明るくなりました。

ヒマワリは「あなただけを見つめている」という花言葉を持っています。

その花言葉のように、壁のヒマワリたちは優しくお友達を見つめているようです。
 
COMPASS発達支援センター川崎
所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148