COMPASS中津 いつもの療育風景は

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津でも長い夏休みから、頑張る日常へとシフトしています。
COMPASSは、まず言葉の指導を中心においています。
人間の思考は言葉で作られるため、言葉を身につけ、語彙力を増やすことで一気に思考力が成長するからです。
 
各施設では、それぞれのお友達の特性をよく理解し「個別指導」と「集団活動」を組み合わせ、言葉の成長からコミュニケーション能力を育て、集中力を高め、社会性を促し、お友達の将来へ大きな飛躍となるよう指導を行っています。

発達のバランスが凸凹なことから「あれもダメ」「これもできない」と叱られてしまうことの多いお友達。
まず、できることや得意なことを探して褒めて、承認することで、その分野を伸ばしながら自信をつけて他の分野へも興味を持ってもらえるように指導をしていきます。

例えば一人のお友達は絵や工作が得意。
この日は自由時間にイラストを描いていて、出来上がりが本当に素晴らしくみんなの褒めてもらってキラキラの笑顔になってくれます。

興味を持ったことには集中を見せるお友達は、ペットボトルのキャップの色の選別を頑張っています。

土曜日や夏休みのように、ほぼ終日COMPASSですごす場合は、午前中に集中して個別「がくしゅう」を行いますが、午後からはみんなで一緒に活動できるよう、人間関係の構築も踏まえた集団活動を行います。

ここではお話を聞くこと、自分の気持ちを話せること、活動内容を理解して、みんなで取り組んで結果を出すというプランです。

集団活動では個別の分担があって、それぞれの完成で集団活動の成功となるようなメニューを行います。
日にちの理解、お天気の理解、みんなで確認、音楽唱和や、演奏、リズム、創作、読み聞かせでの集中、日記での表現力の育成など多岐にわたります。

それぞれの活動は目標への手段として捉え、適宜指導に取り入れて成果を目指します。
さあ、COMPASSの新学期、スタートです。
 
COMPASS発達支援センター中津
所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108