COMPASS武蔵新城 「規則正しく」ということ

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城でもCOMPASSで長い時間を過ごす夏休みモードから切り替えて、ピシッといつもの指導が始まりました。

決まった時間に席に着き、よそ見をしないで集中して目の前の課題に取り組む姿。

着座姿勢のまま1時間程度の「がくしゅう」を数セット行う個別指導の様子は、COMPASSでは日常的なことです。

興味を促すような話題で集中させたり、集中が途切れないように別の課題に切り替えたりというきめ細かい療育技術もお友達の集中に一役買っています。

「切り替えられないんです。」
「いうことを聞いてくれないんです。」
「片付けられないんです。」

こんなご相談を受けるとき、COMPASSでは、ご家庭での生活も規則正しい時間で毎日を過ごすよう、ご家庭へアドバイスもさせて頂いています。

毎日違う時間に寝たり、起きたり、食事をしたり、入浴時間がバラバラだと、健康面への影響もある上、お友達が規則に従うことを深く理解することが難しくなってしまいます。
イレギュラーの一切ない規則正しい生活は、ルールに従うことや、お約束を守るという習慣づけに繋がって行く側面がとても大きいものです。

例えばテレビを観たり、ゲームをしたりしているとき「やめなさい」と叱っても、お友達の方からしてみれば夢中で楽しいことをしているので、やめる理由がなく、なかなか従ってくれないということに。
根負けして「じゃあ、後10分だけよ。」と、つい許してしまいがちです。

しかも、残念なことに続けさせても、満足感や達成感を得られるまで続けたい欲求とは裏腹に、お友達が得られるのは疲労感だけという結果に。

例えば「ご飯の後に30分だけよ。」という親子の間で納得したルールの上に立って、どんな場合でも常に大人がルールを曲げず、一切ブレない態度で接することで規則性やお約束を守ることを、お友達は体感で学んでいきます。


ご家庭の規則正しい生活と、COMPASSでのお約束に従う諦めない指導。
大人が作る環境が、お友達の中に眠っている成長のタネを大きく育てることに繋がっていきます。
 
COMPASS発達支援センター武蔵新城
所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481