COMPASS古賀 連携と成長の関係

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS古賀に通う4歳のお友達は、この夏から加わったニューフェイス。

保護者様の気がかりは、言語の遅れや排泄など日常生活が完成されていないということでした。
語彙が増えて、息子ともっと言葉の交流ができるようになりたいと願われています。
COMPASSへはお姉さんも一緒に通うことになりました。

実はお友達、お引っ越しをしたばかり。
そこで個別支援計画では大きな環境の変化があったため、まずは安心して過ごせる環境を提供したいと考えました。
またひらがな1音1音の発音、読み書きの正確な習得から言語力を育んでいき、言葉で思考する力を伸ばしていくようにと計画されました。

夏のお友達はただ、お姉さんと一緒だったことで比較的穏やかではあるものの、どこか遠慮しがちな様子だったと言います。
お友達が言葉の習得のために取り組むのは、ひらがなの唱和、ひらがな練習帳、月例プリント、絵カード、感情を理解する練習などです。

毎日通ってくることで、日々たくさんの経験ができたお友達。
更に来所のご挨拶から退所のご挨拶までの一挙手一投足を褒めてくれる先生の存在がお友達の力になりました。
頑張った時間を味方に、お友達の努力と情熱をこめて、そして先生の承認を力にして、うまく連携が取れたことが成果となりました。

夏の終わりにはお友達はしっかり着座ができるようになり、集中してプリントや言葉の練習に熱心に取り組めるようになりました。
秋になるとみるみる書字が上達し、言葉の表現も上達し、会話力もついてきて、やりたいことを伝えることが出来るように。

特に伸びた言語面の成長は、日常生活でも「やればできる」という自信となり、お友達の行動に変化が現れてきます。
失敗がちだった排泄面も成功回数が増え、少しずつ自立への兆しが見通せるようになってきています。
これからは言語・数・近く全ての成長を願い、ひらがな読み書きの定着からもっと豊かな会話ができるよう、更なる成長を目指していきます。

COMPASS発達支援センター古賀
所在地:〒811-3104
    福岡県古賀市花鶴丘1丁目7番5号一丁目ビル1F103号
連絡先:092-410-2348

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)