COMPASS大野城 ソロバン始めました

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS大野城では、新しい取り組みとして10月からソロバンを始めました。

一昔前は、兄弟間の小さな争いの中で順番を決めたり、おやつを分けたりといった場面も多く、日常的に数えたり、数を割ったりするというような知恵を働かせたり、計算するということが身近でした。
一人っ子家庭が多い現在では、そもそも「分ける」という概念が育ちにくい環境なのかもしれません。
小学校に上がると、数の名前を覚え、数を数えることから始まります。
それから進むと、足し算になっていきます。

足し算=「いくつといくつ」は、実は分解の計算です。
(6は5と補数1で構成されているという風に)
そんなお友達世代が最初につまづくのは「10の位」の繰り上がり、繰り下がりと言われています。

繰り上がりがない足し算はスラスラとやれるお友達が多いのですが、7と6では?と言われると途端に???という風に。
そこで、わからない、計算嫌い、いやだ、自信喪失・・・という苦手意識を持ってしまうお友達も多くいます。

数え棒や、タイルや、おはじきといった「半具体物」を並べて実際に「5と5でいくつ?」という問いを手で操作して、順番に数え、目で見て確認すると問題なく正答できるお友達が多いのも事実。
そこで、COMPASSが取り入れたのはソロバンです。

本部教室でも数年前からソロバンを取り入れていますが、繰り上がりを理解するというより、迷う前に操作して覚えてしまうというショートカットを通ります。
これが、苦手意識の軽減に繋がっています。
大野城でもスタッフがソロバンの有段者であることから、試験的に始めました。
 
パチパチと玉を弾く音、
シンプルに玉を読んで行くお友達。
正答に至るまでに、筆算よりもスピード感があり、お友達は面白くて集中しています。
お友達が計算に苦手意識を持つことなく、本来の目的である「考える」ことにゆとりを持って向かえるように。
そのためにCOMPASSの療育への発想は柔軟です。
 
COMPASS発達支援センター大野城
所在地:〒816-0982
    福岡県大野城市畑ヶ坂1-10-22
連絡先:092-586-7328