COMPASS諫早 生け花体験・優しい笑顔で・・・

月曜日のCOMPASSです。

COMPASS諫早のお友達は「生け花」の体験を行いました。

お花は、そのままでも美しいもの。

季節ごとに咲き誇る花々は、私たちを励ましてくれたり、癒してくれます。

そんなお花を題材に生まれた「華道」は日本古来の文化です。
緑や花が人に与える効果は九州大学の松尾英輔・正山征洋両氏の論文でも

「花や緑を見た時に不安や緊張がほぐれて気持ちが静まるとか、あるいは気分高揚に働くことが知られている。
これは、アメリカではPassive experience(受動体験)と呼ばれ、五感を通しての植物との関わりが、心の安定や癒し、自然治癒力の増強をうながし、これが健康の回復や維持・増進に役立つことが知られている。

実際アメリカでは、窓から外の植物が見える部屋の受刑者は見えない部屋の受刑者に比べて医者にかかる回数が少ないこと、歯科医院の患者は植物があると痛みの感じ方が少ないこと(Relfら 1992)、道路沿いの植物はドライバーの緊張を和らげること(Ulrichら 1998)などが報告されている。(抜粋)」

など数々の癒し効果があることがわかっています。

華道では、お花をただ花瓶に入れるのではなく、作法通りに生けていきます。

まず「真」と呼ばれる一番背の高い中心になる花や枝の位置を決めて、次に「副」を前述の「真」の3/4ほどの長さで45度に挿します。

次に「控」、「従枝」でボリュームを作って形良く仕上げて行きます。

生け花には本来は「剣山」を使うのですが、お友達には危なくないように剣山の代わりに「オアシス」と呼ばれるアレンジメントフラワーの材料を使いました。

初めて生け花に挑戦するお友達、基本は基本として教えてもらいましたが自由にいけてもらいました。

その際、お友達は五感を使って、その姿を見て、香りを嗅いで、触れて感触を味わいます。

お花の茎や枝を切るときは、水切りを先生に手伝ってもらいながら。
挿すときは、ありったけの想像力を働かせて・・・

お花の匂いを嗅いで「綺麗ね、いい匂いね。」とお友達。
好きな色のお花で、元気になりそうな色で、お友達の世界のお花の芸術を作り上げて行きます。

普段、課題を頑張っている机には素敵な作品の数々と、傍にニコニコのお友達。

お友達の作品で華やいで、お花のいい香りで満たされています。

やり終えた後でも、飽きることなく自分の作品の花たちを眺めているお友達。

その表情はなんとも優しい眼差しが印象的です。

将来、お友達が大人になった時・・・

お花のように誰かの傍で微笑んで、誰かの支えに、誰かの癒しになってくれますよう、優しい心が育まれていく姿を想像して、思わずニッコリしてしまう先生なのでした。

所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)