COMPASS高松 お願いと絵馬とお友達

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松では「新年のちかい」を絵馬にすることに。

この絵馬ですが、京都にある貴船神社が発祥の地だそうです。
馬は古来より神様の乗り物であると考えられており、歴代の天皇は祈願の際に神馬(しんめ)を神社に奉納しました。

水の神様を祀る京都の貴船神社では、雨ごいには黒い馬、晴れの祈願には灰色または赤毛の馬を献上していたとか。

やがて、本物の馬は木で作った馬や土で作った馬で代用されます。

平安時代には大型の絵に描いた馬を奉納するようになり、室町時代に入ると、人々は現世利益を求め、小型の絵馬を奉納するようになります。

江戸時代になると、庶民にも広がり、家内安全や商売繁盛といった身近なお願い事を書いて奉納する今のスタイルに変わりました。

絵馬の形の台紙がお友達に配られました。
何にしようかなぁ?
一つだけなの?
僕ね、恐竜になりたい!
わたしプリキュアになりたい。

小さなお友達ならではの可愛い夢、素敵な発想ですね。

こうして書く文章を一生懸命考えた絵馬には、お友達が練りに練った夢や願い事や目標が書かれました。

願い事を言葉にする、文章を作る・・・とても難しい挑戦ですが、頑張りました。
COMPASSの壁に掲げられた沢山の夢。

この夢をパスポートにして、今、
COMPASS号は勢いよく走り出しました。
キラキラの笑顔と、ぐんぐん伸びるタネを乗せて、お友達の未来へと・・・

 

COMPASS発達支援センター高松
所在地:〒
761-8081

    香川県高松市成合町731新井ビル1F
連絡先:087-870-4808

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)