COMPASS武蔵新城DASH きっかけ、それは突然・・・

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHでは、今、初めてづくしの経験をしたお友達の可愛い工作を見ることができます。

小さなお友達が体験したのは、近くのCOMPASS武蔵新城と同じデカルコマニーという手法で作られた「こいのぼり」です。

この時まだ4月の終わりで、お友達はCOMPASSでの活動経験も浅く、一人で着座もままならない状態でした。
お友達はこの時のこいのぼりの制作で、初めて筆を使って模様を描きました。

そのあと、糊を指につけて紙を貼るという作業も初体験です。
一人で座れないお友達、そこで小学生のお友達が「支えててあげる」と、後ろに座ってくれました。
声をかけながら優しく作業を手伝ってくれる一コマはとても微笑ましいものでした。

きっかけ、それは突然訪れます。
このあと、お友達はしっかりと自分一人で着座することができました。

それから暫く経ち、5月の制作は「スナップエンドウ」。

大きな豆の形に画用紙を切り抜き、そこに新聞紙で丸めた立体的な豆つぶを。

表には信号機のように色紙を貼って膨らみを表現しました。

数の限られた道具をみんなで順番に使いながら進めていく作業。

自然にチームワークができてきたのか、和気あいあいと作業が進みます。

お友達の渾身の作品たちは、いつも小さな奇跡が光っています。

膨らんだ鞘の中には、丸々とした豆が弾けそうに詰まっています。

そして、COMPASSでも笑顔のお友達が今にも弾けそうに、成長のきっかけを待っています。

COMPASS発達支援センター武蔵新城DASH
所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)