COMPASS諫早 お帰りなさいの成長は・・・

火曜日のCOMPASSです。
お母様の里帰りでひと月大分・中津のCOMPASSに通っていたお友達が帰ってきました。

中津に行くときはお母さんとお友達の2人でしたが、帰ってきたときは3人です。
そう、お友達はお兄ちゃんになったのです。

COMPASS中津での様子は6月13日のブログでもご紹介しましたが、とても落ち着きを見せるようになったお友達。
その様子はここ諫早でも変わることなく、素晴らしい変化が続いています。

言葉数が増え、目・耳からの情報取得に要する反応時間が早くなりました。

これまでは着座しての学習は、頑張っても15分程度だったお友達。
驚くことに、自分からすすんで着座し、長い時間離席することなく集中して取り組むようになりました。

他のお友だちとも、譲り合い、一緒に活動ができるように変わってきました。
ご挨拶も、家庭菜園の朝の水やりも率先してがんばっています。

お友達の成長を促した2つの要素。
一つは
短期間ですが祖父母の家での生活も、教室も変わったことで、緊張感のある日々だったこと。
もう一つは、
新しい家族が増えたため、お兄ちゃんという自覚が自立心の芽生えを促したこと。

教育においてよく使われる「啐啄同期」という言葉の通り、お友達の成長にもタイミングがあります。
日々の活動や学習を飽きるほど繰り返す、積み重ねの中でしか光を放たないタイミング。
COMPASSではよくお食事、お風呂、就寝などの時間を出来るだけ同じ時間でとお話をさせていただきます。
お友達に身に付くそのご家庭での安定した習慣が、芽生えの苗床になるからです。
その土壌の上で、刺激を受け体験したこと、感じたこと、学習したことが合わさって成長の栄養素になっていきます。

規則正しい毎日、新しい家族、2つのCOMPASSでの学びはお友達に大きな成長を促したようです。
今こそお友達のタイミングです。
継続した学習と成長の促しを、これからは諫早でもさらに続けて未来への架け橋としていきます。

COMPASS発達支援センター中津
所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)