COMPASS中津 着座、集中、言葉、そして次に・・・

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津に通い始めたのは昨年の今頃だと言うお友達。
お写真でもわかる通り、しっかりと集中して綺麗な着座姿勢を保ちながら学習ができています。
通い始めた昨年の9月は、今とは全く違う様子だったといいます。

ご相談に見えたときに、保護者様からうかがったのは、思い通りにいかない場面で癇癪を起こしてしまうということでした。
語彙数もまだ少ないこともあり、癇癪になるのかもしれず、言いたいことを言葉で伝え、会話を楽しめるようになって欲しいと願いを語られていました。

可愛らしい様子のお友達ですが、利用開始当初は促しても着座ができませんでした。
拒否の表現では激しい癇癪が出て、驚くほど大きな声を出してしまいます。
お友達が口にする言葉は単文で、ほとんどオウム返しだけというものでした。

COMPASSでは、お友達にまず着座して課題に取り組むこと、言語指導、切り替えのプランを実施します。
着座姿勢を保てるにはお友達が興味を持てる課題の工夫が必要でした。
日を追うごとにCOMPASSの環境に少しずつ慣れて着座も課題も受け入れ始めたお友達。
座れるようになると、次第にその素晴らしい集中を見せ始めます。

あいうえおの本、絵カード、会話の練習と次第にステップアップしていくお友達の課題。
一つ階段を上がるごとに小さな成功体験を積み重ねていきました。

あれから1年。
きちんと着座して療育を受け、言葉も『ありがとう』『○○ください』など、二語文、三語文が言えるようにもなりました。
小さな成功から得られる達成感は、お友達の自信を育て、好奇心を育てたようです。

「その時」はすぐそこまできていると手応えを感じながら、今後も継続して課題を続けます。
言葉を得て、自分の思いを伝え、相手の思いも受け止め、楽しく会話ができる・・・そんなイメージを抱きながら、COMPASSの日々は続いていきます。

COMPASS発達支援センター中津
所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)