COMPASS武蔵新城DASH お友達のトイレって・・・

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHに通い始めたお友達は、年が明けたら4歳になります。
あの暑かった7月を連れて、保護者様に手を引かれてお友達は初めてCOMPASSへやってきました。
保護者様を悩ませていたのは「トイレトレーニング」がなかなか進歩しないことでした。

総合的な成長に色々な成長の促しもプランニングされました。
ですが、まずは保護者様が気がかりなこのお困りごとを解決することが重要だと考え、毎日活動に盛り込みます。
何がそんなに嫌なのか、当初はトイレのお部屋に入ること自体、お友達にとっては不快なようでした。
お友達がCOMPASSについてご挨拶して部屋に入ったあと、真っ先に行うのが「検温」と「トイレ」です。
そこで、先生がお友達をトイレへ連れていこうとしますが、寝転がって頑なに動こうとせず、断固拒否。

「トイレへの心理的なバイアスを取り除くこと。」その課題は何段階にも分け、何日もかけて行われました。
まずはトイレのドアを開けてみるところから始まります。
次に、トイレに入ってみる。
その次に、トイレにタッチしてみる。
・・・と、何段階にも分けて日々声かけをしつつ、お手本を見せながら一緒に行動してみます。

トイレへのタッチができるようになったら、蓋を開けてみます。
それから、服を着たまま座ってみる・・・
恐る恐る行うお友達。
一つできると皆で拍手喝采!「よくできたね!」と手放しで褒められるお友達。
こんなに褒められたお友達、それはもう最高の笑顔、ニコニコで気分は最高ではないでしょうか?

季節は秋になりました。
今日も元気にお友達がCOMPASSにやってきます。
ご挨拶をすませ、部屋に入り・・・それからお友達は自分でバッグからタオルを取り出します。
「さあ、トイレはどこかな?」と聞く先生の手をしっかり握り、お友達がトイレまで案内してくれる様子がみられます。

もう先生が一緒に行わなくても、自らドアを開け、トイレに入り、きちんとズボンをおろすお友達。
残念ながらトイレで用を足すまでには至っていないのですが、今はオムツの中にしてしまうこともありません。
いずれ、トイレで用をたす心地よさを体験すると、おそらくあっという間にトイレの習慣が身についていくはずです。

「時間はかかってもきっとやれる!」そんなお友達の満面の笑顔にそんな確信を感じながら今日もトイレトレーニングは続きます。
そんな小さな1つ1つの成功体験が総合的な発達を促す明日へとつながっていくのです。

COMPASS発達支援センター武蔵新城DASH
所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)