生活介護Access 心豊かに癒しツアーにて

金曜日のCOMPASSです。
生活介護Accessでは、秋の行楽に2つのグループに分かれて日帰り旅行を企画しました。

1組目は玉野市にある海水浴場近くの渋川マリン水族館(玉野海洋博物館)。
アンケートを取ったところ、幅広い年齢層がご利用になっておられますが、どのご利用者様も水族館はお好きなのだとか。
楽しい旅行になるといいなと願い、車に乗り込み出発進行!

渋川マリン水族館は、Accessから車で1時間ほどの海沿いに位置しています。
ここは海をテーマに昭和28年に開館した歴史ある博物館で、水族館と陳列館から構成されています。
水族館は大小34個の水槽に、瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物を約180種2000点が飼育展示されています。

「アクアリウムセラピー」という言葉があるそうです。
水槽を眺めると、人は血圧や心拍数を下げる作用があるなど、科学的にも「癒し効果」があることがわかっています。
また水槽がある環境で過ごすと、アミラーゼ(ストレスを感じると出る物質)の量が減少したという結果も出ています。

魚がゆらゆらと泳ぐ様子や、水の揺らぎなどを眺めることにより、ストレスや緊張感が和らぐことは科学的に証明されています。
海外では認知症の緩和にも利用されている「アクアリウムセラピー」。
Accessのご利用者様も魚たちが泳ぐ水槽を眺めてにこやかな表情で癒しを感じておられるようでした。

一通り見学を終え、水族館を後にして海水浴場を散策します。
穏やかな日差しが注ぐ海水浴場は、ひと頃の喧騒はすっかり消え、ただ寄せては返す波の音、砂を踏む音が聞こえるだけ。
しばらく散策をした後はファミリーレストランで昼食をいただきました。

一方、2組目の一行が向かったのは遥照山(ようしょうざん)という地元で有名な絶景スポットです。
「晴れの国」と言われる岡山の中でも晴天率が高く、天体観測に適した場所のため、京都大学岡山天文台や岡山天文博物館があり、アジア最大級の最新鋭3.8m望遠鏡「せいめい」が設置されています。
遥照山総合公園には多目的広場(グラウンド)、テニスコート、子ども遊戯広場、芝生広場があり、憩いの場所になっています。

ここ遙照山目鑑展望台では、瀬戸内海を一望できる素晴らしい眺望を味わうことができます。
素晴らしい眺望、高く澄み渡った秋の空、澄んだ空気をお供に、皆でお弁当を広げます。
食事の後は遥照山総合公園内を散策したり、運動した後は、皆でおやつタイム。

さすが夜景の美しさで地元では有名な場所だけあって、遠く瀬戸内の海まで見渡せるどこまでも広がる景色は最高でした。
心ゆくまで景色を楽しみ、豊かに秋の1日を楽しんだご利用者様たちでした。

COMPASS・生活介護Access
所在地:〒701-1335
    岡山県岡山市北区高松131-15
連絡先:086-905-0228

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)