COMPASS中津 言葉を交わし、気持ちを通わすために

一昨年の秋の終わりにお友達はCOMPASSにやってきました。
非常に賢く、大人とは積極的に関わることができるのに、同年代となると関われないお友達を心配されていた保護者様。
そして言葉を増やして明瞭な発音で話すようになって欲しいとも願っておられました。
行く行くは少人数の保育、療育を受け、将来的にはこども園を利用して、楽しく過ごして欲しいとおっしゃっていました。

そんなお友達、最初から着座ができて、落ち着いて学習に取り組むことができていました。
とても礼儀正しくて「ありがとう」が言えたり、動物の名前を言ったりする姿を見せています。

COMPASSではそんなお友達に最適な方法としてお友達自身のポテンシャルの高さを生かし、コミュニケーション能力を引き出して、集団活動の中で周りと関わったり会話に興味関心を持ち、ハキハキとした言葉遣いや意思表示を目指します。
そこで選択したのは「動物カード」「あいうえお表唱和」「みつばプリントA1~」「洗濯ばさみ」「積み木」「絵本」などなど、言葉の学びのために特化したツールやおもちゃなどです。

予想していた通り、お友達の学習はどれもスムーズに運びましたが、その一方、コミュニケーションは全く苦手でお友達同士の関わりも苦手。
大人のような発言も度々あって、先生を驚かせることも度々でした。
また、体幹が弱いためか動くのも苦手でなかなか歩こうとせず、移動時やトイレ介助はかなり支援が必要でした。

お友達のCOMPASSは、とにかく言葉の習熟を目指した学習を繰り返します。
少し不明瞭だった発音が聞き取りやすく、はっきりした発語になって行った頃、周りのお友達にも少しずつ興味を示し、関わりを持とうとする姿を見かけることが多くなってきました。
毎日の繰り返しで、少しずつ体幹も強くなり、トイレトレーニングも成功。
お友達、お手伝いなしで一人でトイレに座われるようにもなりました。
自信がないことは当たり前のように大人に手伝ってもらうことが日常だったお友達、文字を書く時も「一緒に(鉛筆を)持って」とおねだりが見られていましたが、今では一人で書けるようになってきています。

1年半の月日は、お友達の人との向き合い方、話の運びで楽しかった成功体験が積み上がるために、とても大事な時間でした。
ちゃんと向き合うこと、会話を交わすこと、そして気持ちを通わせることは、お友達には高いハードルでしたが、最近はお集まりにも嫌がらずに参加し、簡単なゲームに参加する様子を見せています。
笑顔と同じく、発語も増え、はっきりとした言葉を口にするようになりました。

あの頃と比べて、最も大きな違いは「他のお友達に興味を持つようになった」ことです。
保護者様からも家族でお出かけした時など、周りにいる子ども達に目を向け、興味を持ち始めたこと、発語が増えてきたことが本当に嬉しかったと嬉しいご報告をいただきました。

この春、目標の一つだった幼稚園に入園したお友達。
より大きな集団で色々な体験を積めることは、きっとお友達の大きな成長への素晴らしい影響をもたらしてくれることでしょう。
新しい生活でも楽しく学ぶことができるよう、COMPASSでは幼稚園と担当者会議を開き、COMPASSでの様子・支援内容など細かくお伝えしました。
これからは保護者様と、幼稚園とで綿密な連携と情報交換を行い、お友達の過ごし方や成長の様子などを共有しながら、次のステップへの関わりを行っていきます。

COMPASS発達支援センター中津
所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)