COMPASS高知 公園とお友達

土曜日のCOMPASSです。

COMPASS高知では、先週の土曜の午後に公園へ連れ立ってお出かけです。
土曜日の午前中、みんなが頑張ってがくしゅうを終わらせたら、今日はお天気がいいから公園へ行こうか?

先生の提案に、お友達は見せてあげたい程、途端にキラキラの表情です!

「あいうえお唱和」も「静かタイム」も「えすぷり」というプリントも、おまけに学校の宿題まで素晴らしい集中力を発揮するお友達。
様子を見ていた先生も苦笑いです。

これだけ頑張ってくれたんですもの。期待に応えないわけには行きません。

食事を済ませて、車で公園へ。

空は真っ青に澄み渡り、色づき始めた紅葉と木漏れ日がお友達を迎えてくれました。

もちろん、先生の目の届くところで遊ぶ、順番を譲り合う、他の人たちの迷惑にならないよう気をつける・・・COMPASSのお約束です。
遊具があちこちに設置された公園。

それぞれの遊具は、実は安全に遊びながら子どもが考えて成長を促せるような狙いで設置されているとご存知でしたか?

例えば、すべり台
楽しみながら高低差を滑り降りる勇気や、滑走時の姿勢保持(調整力)などが自然と身に付くと言われています。

ブランコは揺動系遊具と言われ、バランス感覚の育成や、さまざまな動作の習得に有用な遊び機能を育てる狙いが。

遊具の代名詞のようなうんてい

上体の筋力だけではなく全身の筋力を高め、バランス感覚を養います。

筋力や運動神経にも比較的高度な負荷を求める運動ですが、何より子どもたちの「挑戦する」というチャレンジ精神に働きかける遊具です。

カラフルなジャングルジムにも使い方の取説はありません。
決まり事がないからこそ、のぼる、くぐる、おりる、わたるという全身運動に加え、「考える」力を養います。

ジャングルジムで移動しながら遊ぶ事で、お友達同士のコミュニケーションが活発に行われ、大きな成果をあげるのだとか。

鉄棒は、逆さになったり回転したり、運動の基礎感覚を養う事に優れた遊具。

特に幼児期には、鉄棒運動を多く経験する事で、小学校低学年以降の運動能力に差が出て来るとまでいわれています。

大人たちの狙いを知ってか知らずか、お友達はコロコロと笑い、これ以上ない楽しそうな笑顔を見せてくれます。

公園ではアキアカネやバッタなど季節の虫たちもおり、虫好きの子どもたちはトンボを見て「いろんな色がいるよ」などと話したり、追いかけて遊んだりしました。

キラキラの目で虫を観察し、小さな体を目一杯使い、お友達同士声を掛け合って、笑い転げて・・・

机上ではできない生きた教材と成長のタネでいっぱいの公園遊び。

風の匂い、落ち葉を踏む音、掴んだ鉄棒の感覚、お友達の声。

楽しく過ごした時間はお友達の心に、大人になっても忘れないキラキラを残すことでしょう。

所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)