COMPASS熊本東 交通安全教室で・・・

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS熊本東は、道路沿いにあります。
お友達の通っている幼稚園・保育園・小学校なども比較的大きな道路のそばにあります。
お友達はいつも交通事故に遭う危険と背中合わせです。
実際に資料を見ると登下校の事故が一番多く、6歳から8歳までが事故に遭うピークの年齢です。

公益財団法人 交通事故総合分析センター「交通統計 平成28年度版」より

そこで、今日は交通安全についてみんなで考えることにしました。
小さなお友達はいつも好奇心でいっぱい。
道路への飛び出し、停まっているクルマの前後を急に横断する・・・お友達は交通社会の中で大人には思いもよらない行動をとってしまいます。お友達が事故にあわないようにするためには、こうした行動の危険性を伝え、事故を防ぐための知恵を育んでいくことが大切です。

道路を渡る時は・・・
必ず横断歩道を渡ること。

信号機が青で渡る、赤は止まる。
黄色の信号や点滅では動かない。
渡り始める前に右を見て左を見て、車が来ないか確認する。
手を上げて渡る。
走らない、飛び出さない。

正しい行動はどっち?
そんな⭕️❌クイズや、横断歩道に見立てたコースを渡る模擬横断もあって、お友達は安全に歩くこと、気をつけることを楽しみながら学びます。

模擬横断では、手を耳の横にピッタリつけ、まっすぐに手を上げて堂々と歩く姿が印象的でした。
いつものように課題をやり終えてCOMPASSを出るお友達。
「先生、車に気をつけなきゃダメだよ。」と、可愛い声で注意をされてしまいました。

お友達の背中を見送る先生の願いはたった1つです。
横断歩道を渡る時のように、まっすぐ手を伸ばして、ずっと先の未来の成長を手繰り寄せて・・・
その未来までどうか安全に、どうか毎日が穏やかであるように。


COMPASS発達支援センター熊本東
所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目9番22号
連絡先:096-321-6788

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。