COMPASS熊本東 焼き芋の工作で・・・

水曜日のCOMPASSです。

COMPASS熊本東の小さなお友達は、大好きな季節のおやつ「焼き芋」を工作で表現しました。

使うのは新聞紙とクラフト紙、折り紙、糊とセロテープ。
簡単な説明をして、あとはお友達にお任せ。

さて、どんな焼き芋ができあがるのでしょうか?

焼き芋の皮を少し剥くと出てくる甘い実の部分、ここをクラフト紙を丸く寄せて作ります。
クラフト紙は硬い紙なので、うまく丸めるのは小さなお友達には難しい作業。

お友達は手先に力を込めて、一生懸命折り曲げて、形を整えていきます。

その上に、オレンジや茶色、赤い色紙を使って焼けた皮を表現。

紙をちぎったり、丸めたりして、たくさん手を使って工作を頑張りました。

お店で買うとき、新聞紙に包んでくれますよね。

それを覚えていたお友達、出来上がったお友達の焼き芋を新聞紙で包むと・・・

美味しい焼き芋の出来上がりです。
なんだか甘い匂いまで漂ってきそうなくらい、上手にできました。

工作の題材としての「お芋」ですら、お友達の観察力は大したものです。
精神的にも、思考力にしても、観察力は大人の導きがないと成長できません。

どのような「生活習慣」を送っているかで「思考の習慣」が形成されます。

毎日の生活こそが、お友達の「感じ方」や「心の在り方」に繋がっていくものです。
毎日を楽しく、そして感受性豊かに活き活きと暮らすこと。

その毎日でお友達の放つキラッと光るものの導きをCOMPASSでは大切にしています。

 

COMPASS発達支援センター熊本東
所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目922
連絡先:096-321-6788

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)