COMPASSしまんと お友達の年賀状

日曜日のCOMPASSです。
COMPASSしまんとのお友達は、今年の最初の工作として年賀状に挑戦しました。

イノシシのイラストを描いたり、ちぎり絵をしたり、覚えた文字を一生懸命書いたり・・・
ハガキのサイズはいつもお友達が使っている画用紙に比べると、とても小さいもの。

受け取る相手の笑顔を一生懸命想像しながら、年賀状に取り組むお友達。
ハガキの狭いスペースに想いを全部乗せようとするけれど、なかなかうまくはいきません。
苦労しながら、それでもやっと出来上がった年賀状に、お友達はとても嬉しそうにニコニコです。

年賀状は、実は古く奈良時代からの日本独自の習慣なのだそうです。
日本では新年を迎えると目上の人の所に出向き、ご挨拶をする「年始の挨拶回り」という習慣がありました。

ですが遠方におられるために、なかなかご挨拶できない方々もいます。
そこで、年始回りの代わりに新年への思いを込めて賀状を書いて送りました。

年賀状とは、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて新年をお祝する言葉をしたため、旧年の感謝と新年も変わらぬお付き合いを依願する挨拶状。

明治時代になると郵便制度が整い、郵便ハガキが発行されます。
それで「年賀ハガキで年賀状を送る」という習慣が広まり、年賀状は文化として定着して来ました。

近年はSNSが広まり年賀状に取って代わりつつありますが、お正月に届く年賀状は日本人として特別な思いのあるもの。
年賀状を書くという事は、お世話になった人、親しい人々に想いをはせ、心を通わせる素敵なひと時ではないでしょうか?

今日20日は「お年玉付き年賀状」の第1回目の抽選日。
1等は「現金30万円または同額相当のプレミアム賞品」2,412本
2等は「ふるさと小包」241.281本
3等は「お年玉切手シート」72,384,360本

そして今年は「東京2020大会応援賞」181本が!
これは東京2020オリンピックにペアで招待の上、 旅行券付きというもの。
ワクワクしながら発表を待ちたいですね!

出来上がった年賀状は、早速みんな揃って郵便局へ出かけました。
「無事に届きますように・・・」と願いつつ、ポストへ投函です。

COMPASSのお友達が送った年賀状は、どれも大当たりのプライスレス。
だって素敵な成長がそこには描かれているのですから・・・

COMPASS発達支援センターしまんと
〒787-0013
高知県四万十市右山天神町4-31
代表 :
0880-34-8328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)