講演会にて

土曜日のCOMPASSです。
去る114日、COMPASS主催者の北田先生の講演が行われました。

会場の「川崎市総合福祉センター エポックなかはら」は熱気を帯びたものとなりました。
今回のテーマは「発語を促し、言葉を育てる」ことがメインテーマ。

発語と言語の成長には個人差があります。
子ども達の中には1歳を迎える頃からクーイングからクレーン、それからスムーズに言葉らしきものを発するようになる子もいれば、3歳くらいでも会話には至らない子どももいます。

言葉の成長は、本人の個性とともに、生活環境も大きく影響すると言われています。
でも、どんな子どもでもコミュニケーションを求めていることは間違いありません。

北田先生はそんな沢山の子ども達と関わって発語を促し、会話する力を育ててきました。
今回の講演会でも、30年間に携わった数多くの実例と実践方法、圧倒的な事例から導き出された療育や子どもにとって大切な家庭環境や子育てのヒントに踏み込んだ深い内容が語られました。

講演会の後には熱心な保護者の方からの質問も多数あり、ひとつひとつに回答させていただきました。
お時間に限りがあったものの、ご参加の皆様には充実した時間となられたのではないでしょうか。

今回60名様の会場に対し、100名を超えるご応募を頂き、残念ながら参加を見合わせて頂いた方もいらっしゃいました。
ご参加頂けなかった皆様には大変申し訳ございませんでした。

14
日の講演会を主催したのは「COMPASS発達支援センター武蔵新城」。
実は武蔵新城でも、通所をご希望の皆様に長らくお待ち頂いている状況です。
そこで、新規事業所の開設を2月のオープンに向けて急ピッチで準備が進めております。

また、当ブログでは、武蔵新城だけでなく1月オープンの高知の須崎の新規事業所についてのご案内、また2月オープン予定の下関事業所などの進捗状況も合わせ、随時ご紹介して参ります。

尚、オープン予定の事業所についてのお問い合わせ、またCOMPASSへのご質問は当Webサイトの「お問い合わせ」ページで承まわっております。