サポート高松 盲学校の見学同行にて

金曜日のCOMPASSです。
COMPASSには「COMPASSサポート」という名称の相談支援事業所が全国に四箇所あります。
相談支援事業所は、都道府県の指定をうけて、皆さんが障害福祉サービスを利用するための、サービス利用計画を作成、利用の調整、定期的なモニタリング(計画の見直し)を行う機関です。本来、相談支援事業は市町村が行うサービスです。
市町村は障がい者の福祉に関する相談に応じて必要な情報を提供して助言を行いますが、きめ細かなサービスの提供をするため、この役割を相談支援事業者に委託しています。

市町村と相談支援事業所は連携して障がい者の相談支援を行っています。

相談支援事業所は、日常生活上の相談、福祉サービスの利用相談、生活力を高めるための相談、就労の相談、住居の相談、権利擁護の相談、ピアカウンセリングなど気軽に相談ができます。

COMPASSサポートも勿論、各市町村の指定を受けた委託事業者です。
今日は、サポート高松から支援活動のレポートが届きましたので、ご紹介します。

***************************

先日盲学校(幼稚部)の見学に行ってきました。
お母さんと子どもさんと一緒に学校へ到着すると、先生方が玄関まで出迎えてくれました。
身体に障害があるお子様なので、気楽に落ち着いて過ごせるようにと、面談場所は大きなマットのあるゆったりしたスペースのホールを準備して下さり、当日はとても寒かったのですが、すでにホール全体は暖められており、先生方の暖かいご配慮に心も体も温もりました。


面談は2時間と長時間でしたが、最後まで丁寧に話を聞いて下さり、また、話し方も温厚で愛情が感じられ、「この学校の先生にならお任せしても大丈夫!」という強い安心感を得る事ができました。

今回の訪問で、相手のことを思いやり、暖かく接することが如何に大切で、その心遣いは相手にも伝わり、短い時間であっても信頼関係が築けていけるのだと大変勉強になりました。


私たち相談員も日々悩みや、心配事を抱えた保護者の方々と接する仕事ですが、この先生方のように、いつでも相手の立場に立って暖かく接し、丁寧に対応ができ、保護者の方々に、安心感が与えられる相談員になれるよう努力しなければと、この訪問を通じて改めて感じたところです。


先生方は、帰る時も車が見えなくなるまでお見送りしてくださいました。
また、現在、通学しているお母さんの話では、帰りの見送りは毎回、車が見えなくなるまでしてくれるとのことで、益々、学校に対する信頼と温かみを感じました。


今月は参観日があるので、盲学校の幼稚部に入園希望のお母さんと一緒に見に行きますが、この学校見学が私にとって楽しみの時間となりました。
(サポート高松・竹本相談員より)

***************************

COMPASSサポートでは、今月、高知県の須崎市に新しくCOMPASSサポート須崎を開所しました。
当該事務所は、四万十市のCOMPASSサポート四万十を統合しての2人体制で運営され、保護者のみなさまのご都合などにも柔軟に対応できる体制をとることができました。

新事業所は児童デイサービスと一緒の場所にあり、とても落ち着いた雰囲気の事業所です。

早くも契約のお申込みを頂き、新事務所は順調なスタートを切ることができています。
現在も沢山のお問い合わせがあるようです。

今後も地域のみなさまのご要望に応えられるよう4事業所(高松、丸亀、須崎、熊本)が連携しながら頑張ってまいりますので、ご指導よろしくお願い致します。

COMPASSサポート高松
所在地:香川県高松市上之町3-9-30
    アトリエハウスビル2F
連絡先:087-813-7328

(電話番号のクリックで電話がつながります。)