COMPASS川崎 キラキラと輝く瞳の少年へ・・・

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS川崎のお友達、3月いっぱいでCOMPASSを卒業することになりました。

まだ幼稚園に入る前の幼い頃に初めて出会ったお友達です。
検診で発達の遅れを指摘されたとき、お家の方の勇気と決断と行動力は素晴らしいものでした。

通い始めた頃は、毎回泣きながらCOMPASSへ。
「さあ、始めましょう」と課題をスタートしてもご機嫌は治りません。
頑固な面があり、先生の言うことはわかってはいるけど…素直に行動できません。
COMPASSに来るたびに好き勝手できず、椅子に座るように言われ、手はお膝にして静かに待てと言われ、わからないこともあって面白くない課題が目の前にあっても、やる気は起きなかったことでしょう。

ここからは先生とお友達の粘り合戦です。
もちろん強要することなく、興味を引き出しながら行われます。
気まぐれにでもお友達がきっかけを掴んでくれたら、お友達の興味を最大限に引き出します。
そして、簡単な作業でも、それがどれだけ素晴らしいことか大絶賛してくれる先生。
褒められることが喜びになり、少しずつ離席もなくなり、集中できる時間が5分、10分と長くなっていきました。

H29年、幼稚園の年少さんになり、週2回から週1回のご利用になりました。
ひらがなは読めるようになり、会話も上手にできるように変わっていったお友達。
集中して課題に取り組む姿も当たり前になり、先生の指示にも素直に従い、意欲も出てきました。

H 30年4月には、何と療育手帳を返納することができました。
お家の方の喜びはひとしおです。
ますます頑張りを見せるお友達は色々な学びをどんどん吸収してくれるようになりました。
今では、1ケタの足し算や字の読み書きも出来るようになりました。
音読も得意です。

先日、お家の方から連絡帳にメッセージをいただきました。

先週療育センターで就学相談に向けたIQ検査を受けました。具体的な数値は今月末に出ます。
検査終了後の面談では
「5歳児相当レベルはほとんどクリアできている。」
「ワーキングメモリの力が大幅に伸びている」
「事象によっては6歳、7歳のレベルのこともクリアできる」とお話がありました。
ここへ来て、療育成果がぐんと現れていると思います。
「心理としては普通級で充分やっていける能力があると判断できます。」と嬉しい言葉をいただきました。
今後は検査にも引っかからない日常の小さな心配事(気になる事)を少しずつ減らしていけるように頑張ります。本日もよろしくお願いします。

このお友達も4月からは年長さんへと進級します。
お母様から手を引かれ、初めてCOMPASSにきた時には泣き虫で小さかったお友達。
元気で優しい眼差しはそのままに、自信に溢れたキラキラと輝く瞳を持つ少年へと成長しました。
卒業してもCOMPASSの先生や仲間のお友達はずっと見守っています。
これからは少し逞しくなった自分の足で、お友達はしっかりと歩いて行ってくれることでしょう。

COMPASS発達支援センター川崎
所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)