COMPASS観音寺 プラ板アートの不思議

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS観音寺では、春休み期間ならではの楽しい工作を行ったようです。

COMPASSでは学校がお休みの日は、朝から長時間COMPASSで過ごすお友達もいます。
観音寺でもこの春休みに長時間過ごすお友達のために、お昼ご飯にお弁当を注文することが増えました。
毎日のようにお弁当を食べ終わったら捨ててしまうお弁当のプラスティック箱。
何かに活用できないかと考え、いつもみんなが食べているお弁当の蓋を活用し、プラ板のキーホルダーを作りました。

専用で売られているプラ板の材質は、「OPS樹脂」。
この「PS」はポリスチレンのことです。
色々な形に形成できるため、あらゆる形で使用されているポリスチレン。
製造過程で無理やり引っ張って伸ばして冷やされて形成されています。
なので、再加熱すると元の形に戻ろうとして縮むのです。

まず、お弁当の蓋に油性マーカーで絵を描きます。
お弁当の蓋は透明ですから、好きな絵を写して描くことができるので画用紙に下絵を描きます。
できあがりは約1/4~1/6に小さくなるので、少し大きめに描いていきます。

出来上がった絵を好きな形に切ります。
この時、角は丸くしておくように切ると、出来上がった時に痛くないのでちょっと頑張ります。
キーホルダーにするので、パンチで穴をあけておきます。

さて、出来上がったものをオーブンで熱します。
アルミ箔をしわしわにして、裏向けにトレイに広げます。
その上にプラ板をのせ、オーブントースターにイン!
スイッチ・オン!
加熱されるとお友達のイラストは、大きくそり返りながら縮みはじめ、しばらくするとまた平らになっていきます。

オーブントースターを囲みながら、目を凝らして変化していくのを見つめるお友達。約1/4~1/6の大きさになって、縮むのが止まります。
焼きあがったプラ板を見て、「すごい!不思議!」と皆感動。
科学の不思議ですよね。

冷めたプラ板キーホルダーにチェーンや紐を通して完成です。
思い思いのデザインでとても可愛く仕上がり、春休みの素敵な思い出となりました。

COMPASS発達支援センター観音寺
所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)