COMPASS中津 発語の訓練とお友達の頑張りと

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津のお友達は今一生懸命発音のトレーニング実践中です。

このお友達はH30年6月から利用を始め1年がたつ五歳(年長)の男の子。
言語理解はしっかりできていますが、発音が流暢にでてきません。

保護者様から言葉によるコミュニケーションを増やしてほしいとの意向をうけています。
私たちが言葉を発する時には、まず道具である口の構造が重要になります。

発語がスムーズにいかない場合、まず口の構造を疑います。
お友達の場合はこの構造が未発達であると考えられました。

当初、発音の練習を先生に続いて発する、カードを見て発するという確認と練習をしていきましたが、ある程度の改善は見られたものの、思ったように向上が見られません。

そこで、こ根本改善のため3月から口や舌の動かす体操を取り入れ始めました。
舌を左右・上下に動かしてもらうと、あっかんべーのように舌を伸ばしても動きが硬く伸び切れないように見えます。

実は舌を動かすのはかなり疲れる運動なので、お友達は時折手で触ってしまうこともあります。
優しく制して運動は続きます。

繰り返しこの口のトレーニングを続けると、これまでのCOMPASSのお友達がそうだったように細かで流暢な動きに適した構造へと変化していきます。
閉じている時の舌の位置もとても大事で、閉じた時に上下の歯の境に舌が触れている位置が正常位置。
最近の情報では、口輪筋という口の周りにある唯一顔の中で独立した筋肉を鍛えることで正しい位置に戻すことができるとわかっています。

おかしな位置に舌があると、口呼吸の引き金になり、いびきやウイルスが入りやすくなります。
遂には口蓋という上部が変形し、せり上がって鼻腔を狭くして更に口呼吸しかできない構造になってしまうケースもあります。
口は言葉だけでなく健康を司る大事な器官。

トレーニングで正しく滑らかに舌を動かせるようになっていくと、だんだんと明瞭な発音ができるようになり、健康にも寄与することになります。
お友達は頑張って頑張って頑張っています。

今は少し辛いトレーニングかもしれませんが、最高の笑顔を得るためのそれは布石。
必ず身につけて、美しい言葉で楽しくおしゃべりができるまで、COMPASSも一緒に頑張っていきます。

COMPASS発達支援センター中津
所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)