COMPASS中讃センター オープン2ヶ月、すくすくと成長

金曜日のCOMPASSです。
COMPASSの初めての児童発達支援センターがオープンして1ヶ月が経ちました。
毎日可愛い笑顔を見せるお友達の元気な声が溢れています。

このお友達は、昨年秋からCOMPASSに通い始めました。
小さな体でたくさんの困難を乗り越えてきたといいます。
そんな経験を想像もできないほど、とても、とても強い心を持っています。

とはいえまだ小さなお友達。
通い始めた頃は、きっとお母さんと離れることが心細かったのでしょう。
毎日泣いて、泣いて、泣いて・・・涙の乾くことはありませんでした。
やがてCOMPASSに来ることに少しずつ慣れて来ると、好奇心の芽生えがお友達の成長を促します。
絵本も大好き、おままごとも楽しい。

「だるまさんが」の絵本は特に好きで、先生が読んであげると真似をして見せてくれます。
安心できる場所だとわかってからは、だんだん可愛い笑顔を見せてくれるようになりました。
言葉も不明瞭だったお友達、絵本をきっかけに先生の真似をしながら母音の「アイウエオ」の音を上手に言えるようになりました。

何よりご家庭で今年最大のヒットが「パパ」「ママ」と口にできたこと。
そして、なんと「せんせー」と言ってくれるようになりました。

今ではニコニコ笑顔でCOMPASSにやってきて、一生懸命課題に取り組む姿が毎日のように見られます。
今は色の名前を言えるように特訓中です。

こちらの男の子はセンターオープンの1月前からCOMPASSのお友達になりました。
通い始めた当初は、気に入らないことがあると、癇癪を起こしたり、物を投げたり・・・

苛立ちはどこから来るのか、反抗する態度でも瞳には辛そうな心を映していました。
そんなお友達ですが、センターがオープンし移ってきた頃から大きく成長を見せます。

はるかに落ちつきを見せて、着座姿勢で課題に取り組む姿が見られるように・・・小さな奇跡でしょうか?
学ぶことが楽しいと理解したお友達、発語トレーニングへの意欲も出てきて、絵カードを見て先生の真似をするように。
一つのことがクリアになれば、次の課題も挑戦したいと頑張る姿、その姿は誇らしく映ります。

最近はトイレトレーニングを開始。
促すと、COMPASSではトイレに行って座ることができるようになりました。
自主的にトイレに行きたい要求と用を足すことが習慣にできるようになるにはもう少しかかりそうですが。

今一番楽しいのは、色合わせ、色一致させる課題です。
色の名前も微妙なことも含めて、なんとか言えるようになりました。

センターでは毎日先生と一緒にご飯を食べます。
どうですか?
2人ともお弁当も上手にフォークを使って食べられるようになりました。

お口いっぱい頬張る姿は、本当に美味しそう。
たくさん食べて、たくさん学んで、心も体も満たされる栄養をたくさん摂って成長に繋がっていくようにセンターでは見守り促しを続けます。

中讃地区 COMPASS児童発達支援センター
所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)