COMPASS中讃センター 苦手の克服で・・・

月曜日のCOMPASSです。
お友達は昨年10月からCOMPASS丸亀を利用開始した5歳の男の子。
6月から中讃地区COMPASS児童発達支援センターへ移ってきました。
とても元気で活発なお友達です。

COMPASS丸亀に通い始めた頃は、落ち着かない様子ですぐに興味が移るお友達でした。
夢中になっている遊びの途中で、活動に誘ってもいうことを聞いてくれません。
切り替えができない状態が長い間続いていたと言います。

保護者様のご希望も、あまり語彙数を持たないお友達を心配して、言葉が増え、意味の理解ができるようになってほしい。落ち着いて過ごせるようになってくれたら・・・というものでした。

センターに移動して通い始めた頃は、様子が違うことに少し戸惑いがあったようです。
しばらくは不安なのか、小さい子に戻ったように先生の背中にしがみついたり、膝の上に座ったりして過ごすことも多かったといいます。

それでも徐々に慣れてきて、同室のお友達とも関わりながらニコニコで遊ぶ姿をみられるようになりました。
もう、先生のお膝からは卒業です。

慣れてきた頃から再開されたボタンのトレーニング。
お友達は手先が不器用さんで、衣服の脱ぎ着ができるようにとボタンやスナップの練習を頑張っています。
日課のように練習を繰り返す毎日の中で、苦手だったボタンの付け外しもスムーズにできるように成長しています。

小さな成功を積み重ねてきたお友達、切り替えも少しずつできるようになり、好き勝手に振舞うことも少なくなって、次は何?何?と知識への興味がどんどん湧いてくるようです。
例えば「ひらがな」は50音の順番に並んでいなくても、難なく読めるまでに成長。
得意げに読んでくれるお友達は、満面の笑顔。

次のステップで挑戦中のカタカナも、コツを掴んでくれたのか、半分は読めるように。
小さな成功の積み重ね、そこから生まれる自信は、お友達の将来へ、また大きな成長への架け橋になっています。

中讃地区 COMPASS児童発達支援センター
所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)