COMPASS大村 命を守る消防訓練にて

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS大村では先月、恒例の消防訓練を行いました。
COMPASS大村はビルの2階にあるため、緊急時に慌てて階段を駆け下りたりすると、それは大きな事故につながってしまいます。

したがって、消防訓練や地震や台風を想定した訓練では、先生たちは真剣そのもの。
「命を守り、育てる」ことがCOMPASSの使命だからです。

この日は、大村消防署の消防士の方々に来て頂き、本番さながらの訓練です。
まずは部屋の様子を見て頂き、消化器の位置や、避難する際のアドバイスを頂きました。

実際に、台所で火が出たという想定で建物に隣接する駐車場まで避難します。
また、消化器の使い方を教えて頂き、1名ずつ消化器を使った消化活動のデモンストレーションを行いました。

今回は先生達だけが参加した訓練でした。
駐車場にはお友達が大好きな消防車も来てきたので、参加していればきっと喜んだに違いなく、その点は残念でした。
今回の「最悪の状況を考えて、最善の対策をするため」の想定で行われた先生のための訓練は、とても大きな収穫がありました。

この機会に学んだ貴重な体験と知識を胸に刻み、子ども達の命を守ることについてもう一度考え、訓練の後も意見を交換し、これからの防災について意識を1つにしています。

次の訓練には、お友達にも参加してもらって、瞬時に判断し、瞬時に正しい避難ができるよう、これからも繰り返し訓練を続けてまいります。

COMPASS発達支援センター大村
所在地:〒856-0832 
    長崎県大村市本町259-1-2F
連絡先:0957-54-3288

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)