COMPASS Jr きっかけ、それはCOMPASSのお友達

月曜日のCOMPASSです。
ジュニアのお友達、これまでずっと本部教室がメインでしたが、今年の8月からジュニアをメインで頑張る様になりました。
これまでも保護者様の願いは「学習を頑張ってほしい。発音が明瞭になってほしい。」というものでした。

お友達は音読が苦手でした。
読むことはできるのですが、口唇を使わず口を開けていない状態で音を出そうとするのですから不明瞭音に。
さらに声の音量も小さく、それもあって聞き取りにくくなっていました。

そこで、お友達のプランは「構音ドリル」と「音読」を並行して取り組むように構成されました。
日々の積み重ねが少しずつ自信となり、少しずつ大きな声で音読ができる様になってきた頃のことです。
教材として音読で読んだ絵本を取り、低学年の絵本の読み聞かせを促して見たところ、やってくれるというのです。
先生の様に上手ではありませんが、静かに聞いてくれた後輩のお友達がとても喜んでくれたこと、それはお友達にとって大きなきっかけとなりました。

この日を境に、お友達は年下の子のお世話をしたり、お手本となるべく、意識して正しい振る舞いが増えてきました。
他のお友達や輩と積極的に関わろうとする様子が見られ、お友達自身が「これを読んであげたい。」と自ら絵本を選び、読み聞かせも積極的です。
何と読んであげたい自宅の本を持参する場面もあったと言います。

最初の頃は自信がなく音読も声が小さかったお友達ですが、読み聞かせをすることで「皆に聞こえるように」を意識して、声も大きくなり、しっかり口唇を使って読むようになりました。
このことがきっかけになって、自分から進んで読書にも積極的に取り組む様に変化が現れました。

読み聞かせをすると、ニコニコの笑顔で返って来る「ありがとう。」
お友達はこの笑顔が見たくて、「苦手なこと」を「得意なこと」に今、変えようとしています。
ふれあいで交わす笑顔は、そこから繋がる自信と明るい未来への手応えを感じる大きな架け橋になっています。

COMPASS Jr
所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1丁目3−5
連絡先:093-472-3288

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)