COMPASS丸亀NEXT 繋ぐ手、繋ぐ心

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀NEXTに通うお友達は6歳、通い始めて2年5ヶ月目になります。
発語がほとんどななく、手先の細かな動作が苦手でした。

NEXTは運動療育が得意なCOMPASSです。
基本的に体幹を作り、全身の発達を促し、その結果総合的な心身の成長に役立つようプランを組み込みます。
メニューは、体操、飛び石、壁タッチ、色当て、ぞうきんウォーク、クマ歩き、数字カード、ストレッチ、指先を使った遊び(スプーンすくいなど)やバランスボールなどなどです。

しかし、お名前を呼んでみても「〇〇してください」と話しかけても、振り向くことも返事を返してくれることもありません。
お友達から発語はほとんど無く、表情や仕草等からの気持ちの読み取りも難しかったといいます。
伝わらないもどかしさに、お友達自信もイライラすることもありました。
COMPASSでは、しばらくの間お友達が理解しやすい指示の出し方や落ち着ける環境を整えることにかなりの時間を費やしたそうです。

泣いたり怒ったり、イライラしたり・・・
活発で感情の起伏が激しく、物や人に当たることもしばしば。
支えようと伸ばした手を振り払われます。

時折ご機嫌の良い時には最高のニッコリ笑顔を向けてくれます。
意思疎通の難しさもあり、療育に取り組むまでに気持ちの切り替えをするのに時間がかかっていたお友達。
ですが、慣れてくると笑顔で先生と手を繋いで運動器具へ移動する事ができるように。

指先を使った遊びどでも成功すると嬉しそうに笑顔で先生の顔を見て笑顔を向けます。
先生から「上手に出来たね」と褒められることを喜ぶ姿も見られるようになってきました。
元々体を動かすことは好きだったお友達、元気に体を動かすことを楽しんでくれるようになりました。

余裕が出てきたのか、追いかけっこやスキンシップを好み、歓声を上げて走ったり、マット運動では職員と横回りで転がったり、ハイハイでの競争を楽しむなど、関わりを楽しめるように。
サーキットトレーニングもとても上手になり、今では差し伸べられた先生の手をしっかり握って1つ1つ、でもリズミカルに進みます。

利用回数を重ねる事に指示も通りやすくなり、身の回りの事も自分で出来ることが増えてきています。
運動で受けた刺激での体感の学び、日常生活のなかでうけるたくさんの学びによる刺激。
ただ毎日を重ねるというよりお友達はどんどんこれらの全てを吸収していきました。

今ではCOMPASSで行う運動や発語のトレーニングだけでなく、事業所や保育所など、様々な環境の中での刺激も手伝って「パパ…」「ママ…」「なぁ、なぁ…」等の言葉が言えるようになってきたお友達です。
あと少し、もう少しで、きっとお友達の言いたかったことをたくさん聞いてあげられるようになることでしょう。
その時まで繋いだ手を、時には包むように、時には強く、時にはそっと触れるだけの優しいつながりを続けていきます。

COMPASS発達支援センター丸亀NEXT
所在地:〒763-0082 香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)