COMPASS武蔵新城 お友達の秋空に・・・

月曜日のCOMPASSです。

読書の秋。

武蔵新城のお友達も、一生懸命覚えたての文字を指で辿りながら、1語1語声に出して絵本を読んでくれています。
だいぶ抑揚もついて、素敵な語り手に成長したようです。

ニコニコのお友達が楽しみにしているのが、午後からの創作。
安定しない気温や天候ですが、それでも蝉の声はすっかり聞かれなくなって、時折赤トンボを見かけるようになりました。

お友達は虫が大好きです。
今日は大好きな赤トンボを作ると聞いているので、お友達はワクワクです。

昆虫図鑑で何度も見ているので、お友達は誰よりも詳しい昆虫博士です。

「トンボの翅はね、何枚もあるんだよ!」
「あとね、目がとっても大きくてね・・・」

・・・ということで、2枚ずつの翅と、大きな目、それから鉛筆みたいな細い体を表現していきます。

そこでまず、画用紙をトンボの翅の形に切り抜きます。
翅の翅脈(しみゃく)という筋の模様を色鉛筆やクレヨンで描き込むお友達も。
(これは幼虫時代、血管の役割だったものが翅になって乾いたものなのだとか。)

図鑑にあった赤トンボの目はとっても大きいので、大きな目をくっつけてあげます。

それから、棒を体に見立ててテープで貼り付けると・・・どうでしょう?

表情も豊かなお友達のトンボが出来上がりました。

手伝ってくれた先生にきちんとお礼を言ってお辞儀をします。

さあ、壁に秋の空に赤とんぼ、そして風に揺れる一面のコスモスを描きましょう!

生き生きと秋を謳歌するお友達のトンボが、美しい反物の模様のように大空を舞っています。
やがてコオロギやスズムシ、クツワムシ、マツムシの賑やかな合唱が聞こえるようになると、沢山の実りの季節に・・・

 

自然の美しい色合いと、澄んだ空気を味わって全身で受け止め、短い季節をその記憶にとどめて欲しいと、お友達の豊かな成長を願います。
 
COMPASS発達支援センター武蔵新城
所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481