COMPASS観音寺 何度でも、最後まで

金曜日のCOMPASSです。

COMPASS観音寺では、昨年のクリスマスの制作に、サンタさんからプレゼントを入れてもらうブーツをフェルトと毛糸でバッグの形に可愛く作りました。

お友達のブーツは、2枚のフェルトをはぎ合わせ、パンチで周囲に穴を均等に空け、毛糸でとじたもの。
フェルトも毛糸も滑らない素材、そしてブーツの周り全部に糸を這わせるとなると結構長い毛糸が必要。

なので、空けたフェルトの穴に毛糸を通すのは、ちょっと難しい作業です。

長い毛糸はお友達の思うように通ってくれず、先生やお友達にお願いして、端を持ってもらって作業をすると、スイスイ通していけました。
1人では難しい作業も、誰かと一緒なら出来ることがたくさんあるということ、もうお友達はわかっています。

ツリーやその飾りも全部手作りの暖かさと工夫に満ちています。
お友達、出来上がったクリスマスブーツをみんなで首からかけてツリーの前で記念撮影。

(実はニコニコ顔や、面白い顔で写真に収まっているのですが、お見せできないのが残念。)

こちらのお友達が作っているのは紙粘土の雪だるま。
透明のプラカップに描かれたのは、とても可愛いスノードーム。
カップを振ると、色紙の紙片が舞い上がり、雪だるまにひらひら降り積もる仕組みです。

観音寺ではお友達が競作して毎月カレンダーを作ってCOMPASSの室内に貼っています。
カレンダーを作ることで、数字や日にち・曜日に対して意識が高くなります。

またカレンダーのイラストを考えて描くのも、季節や月ごとの移り変わりや行事を理解し、知識として身につけるとてもいい方法だと言えます。

知識は社会に旅立っていくお友達にとって、大事な武器になります。
何かを企画し、考え、最後までやり遂げること。
途中で壁にぶつかったら、この方法はどうかな?
こうやったらうまくいくかな?とまずは自分で考えること。
そして1つの道がひらけて最後までやり遂げた時、その道のりが大変であればあるほど素晴らしい達成感が得られます。

先生もやってあげれば簡単、教えてあげればすぐに楽になることはわかっています。
でも傍で見守り、お友達の気持ちに寄り添いながら応援する。

なぜなら、自分の力で達成できた時にだけ、キラリと光る経験として確かな力になるからです。

これからの数ヶ月、これからの1年に、お友達がどのくらい成長してくれるか・・・
それはお友達の努力と、療育に携わる先生との間の見えない空間に秘められています。
「全てはお友達の笑顔のために・・・」

今日からCOMPASSの新年、スタートです。

所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)