COMPASS川崎 七夕飾りとお友達の指先

土曜日のCOMPASSです。
明日は7月7日、七夕(しちせき)=たなばたです。

COMPASS川崎のお友達は、巧緻性の訓練として「七夕飾り」を選択しました。

巧緻性とは、人の動きでいうと手先の器用さや、巧緻の度合いなどを指す言葉です。
小さなお友達は、大人のそれと比べたら非常に手先の動きがぎこちないもの。

手と脳が密接に関係しているということはかねてから言われていますが、データとしては、手を使うと手を使わない時に比べて脳の血流量が10%ほど上昇するという研究結果が上がっています。

脳を活性化させるためには、例えば指を結んだり開いたりするだけの運動ではあまり後悔がないと言われます。

一番効果的なのは考えながら手や指を動かすことで、脳血流がぐっと上がって発達を促すと言います。

そんな目的が込められている七夕飾り作りですが、お友達にとっては楽しい工作です。
さて、お友達は短冊にノリを使ってスイカやひまわりの絵の飾り付けを行いました。

「紙の大きさを意識してはみ出さないようにね」と、先生が声をかけます。

「ずれないように、角もきちんと合わせてね・・・」
お友達、みんな真剣な表情です。

ハサミの練習で、七夕飾りをお手本を見ながら一生懸命作っているお友達。

どう?とばかりに、できた飾りを手に得意顔です。

小さいお友達はなぞり書きで、また字が書けるようになったお友達は、短冊に自分で願い事を書きました。

みんなの願いでいっぱいの笹を飾ると、COMPASSがとても華やかになりました。

一生懸命書いたお友達の短冊の願い。
みんなの願いが全部叶うといいですね!

COMPASS発達支援センター川崎
所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)