COMPASS岡山 幸せを手放さないように・・・

金曜日のCOMPASSです。
幼稚園の時にCOMPASS岡山に通い始め、現在は支援学校の2年生になりました。
お友達は指先の力も弱く、集中が続かず、安定した記憶の定着には時間がかかります。

COMPASS岡山では、ストレスを感じないよう優しい療育を心がけています。
しかし同時に社会に出てから困りごとを感じないで済むよう、将来を見据えた課題を設定しています。

ご挨拶やお話もできて、文章も書けるようになって欲しいと思い、小学校にあがってから運筆を始めました。
はじめは、文字をなぞるという意味も理解することが難しかったお友達。
やがて指で触れ、文字のなぞりを見様見真似で繰り返すうちに、だんだんと文字を書くことと意味を少しずつ理解し、指先を使うことから、鉛筆で書けるようにもなっていきました。


1つできるとパッと咲く笑顔で自信を見せるお友達。
これまでもひらがな、数字を覚える訓練や、カードを読み、読み書きを進めることを課題に取り入れています。
他にも色や形のマッチングなど将来の身辺自立の基礎になる課題を日々取り入れています。

そして現在は自分の名前の中にある「画数が少なく複雑でないひらがな=も、し、り、う、い、など」だけは自分一人で書けるようになりました。

将来の身辺自立を目指し、できることを増やしていけるように手指活動も取り入れています。
秋から「はさみの練習」を取り入れていますがまだ難しい様子のお友達。

先生が手を添えて、しっかりハサミを握って上下に動かすのですが、うまく挟んだ紙を切ることができませんでした。
それでも繰り返し一緒に切っているうちに、指の動かし方や力の入れ方のコツを掴み、そっと手を添えるだけで切ることができるようになってきました。

ハサミの練習の時は、切った紙をぎゅっと力を入れて握る練習も一緒に行います。
実は、これまで力を込めて握ることが苦手なお友達は、手や指先を使う課題は苦手、やりたくないと遠ざけていました。
それも少しずつ「わかること」「できること」が増えていくことで「やってみよう」の気持ちも増えてきたようです。

ずっと先の、その先までの未来をもっと楽しく、もっと幸せに笑顔でいられるように。
手の中に掴んだ幸せを手離さないようにと優しい支援を続けていきます。

COMPASS発達支援センター岡山
所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-226-3388

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)